The BOXX Workflow - Overclocking And Offloading

The BOXX Workflow

BOXXは、専門的なソフトウェア·アプリケーションのボトルネックに対処するように設計・構成されており独自のハードウェア·ソリューション·パッケージによってこれらの問題を解決いたします。BOXXワークフローによる詳細なご提案およびは生産向上の方法の詳細については、左のビデオにてご覧いただけます。

CINEMA 4Dは、画像やアニメーションを作るための強力なツールで、3Dロゴ、イラストレーション、アニメーション、建築モデリング デザインの様々な分野で利用されているアプリケーションです。そのため、ソフトウェアには多様な機能を持ち、すべてのワークフローシナリオに対処するようにCINEMA 4Dに対応できるワークステーション構成にする必要があります。作業内容を考慮するような場合、作業するタスクは、シングルスレッドまたはマルチスレッドであるかどうかを、確認することで最高のハードウェアへの投資効果を高め、全体的な価値を高めることができます。

C4Dのオプションに最適なワークフローは以下を参照してください。

3D Modeling

C4D内の、3Dモデリングは、シングルスレッド作業です。CINEMA 4Dは、高度なマルチスレッドレンダリングとは異なり、メッシュを構築するポリゴンを押し出して、頂点を操作する方法には、1つのCPUコアのみを使用します。主にモデルリングにC4Dを使用する場合、余分のCPUコアは処理の助けにはなりませんので、数十のCPUコアやデュアルCPUのワークステーションでは過剰な投資になることになります。

高いクロックのCPUを持つワークステーションが最もユーザーの3Dモデリングワークフローに利益をもたらし、安全なオーバークロックBOXX APEXX2 2401がC4Dワークステーションは優れた選択肢になります。

Animating

3Dアニメーションは、3D Modelingと共通したワークフローと多くの類似点があります。3D Modelingと同様に、Animatingは、シングルスレッドのタスクですが、主なタスクの場合、CPUのマルチコアは、若干の助けになります。 これらの性能はCPUの周波数に依存していているので、タスクに応じて「クロック幅」を検討する必要があり、高いCPUクロック速度を持つワークステーションが要求されます。タスクでより良い実行するためにシングル・ソケットのBOXX APEXX2とAPEXX4 がCINEMA 4D Animating 向けの最適なワークステーションであり、理想的なワークフローのための選択肢があります。

CINEMA 4D レンダリング

CINEMA 4Dユーザーはレンダリングエンジンをいくつか利用されています。これらは従来のCPUレンダリングに加えて、GPUレンダリングの対応によりレンダリング処理を大幅に加速させます。チームレンダラーを使用している場合、BOXXではポピュラーなV-RayやOctaneの様なサードパーティー製のレンダラーによってカバーしております。

3Dモデリンやとアニメーション作業とは異なり、C4Dでレンダリングの際は、システム内のCPUコア(またはシステム)はできるだけ多くのコアを利用したマルチスレッドプロセッサーが要求され、同様にGPUレンダリングにもこれらは該当いたします。

CINEMA 4D でレンダリングをオフロード!

レンダリングは、オフロードする必要があり、高度な計算上処理を行うタスクです。ワークステーションの本来の目的は、ユーザーの制作業務をサポートし、生産性を維持することですが、最終フレームのアニメーションシーケンスなどのレンダリング処理がワークステーションの業務を占有してしまいます。レンダリングがオフロードしている間、CPUレンダリングでの生産性を維持の為の最善方法のオプションについては、以下を参照してください。

  • - CPUレンダリング:renderPROは, コンパクトな筐体で最大28コア/56スレッドまでサポート、リモート接続にも対応しており、デスクサイドでCPU レンダリングを可能にさせ、renderBOXは 19インチラック 4Uサイズに最大10ノードまで搭載可能です。
  • - GPUレンダリング:APEXX5は,最大5つの,フルサイズのGPUをサポートによりプロフェッショナルグラフィックスカード、計算用GPUカードを4枚まで搭載可能できるBOXXで最強のワークステーションです。
Intro to renderPRO

renderPROは、3Dグラフィックス、アニメーション、合成、制作フローで使用するレンダリングフローためのパーソナルレンダリングシステムです。
renderPROは静かでコンパクトな筐体設計により、設置スペースに制約のある環境において最適です。デスクでサイドに設置が行え、オフィスの共有環境においてネットワークで接続やリモートディスクトップでの接続も可能です。また、最大インテルXeonプロセッサーの搭載により最大 28 コアまでサポート。 renderPROは、CINEMA 4Dのレンダリングのオフロードするための理想的なソリューションです。

*RenderPROの静音性は、ISO 7779(JIS X7779)準拠、「情報機器の騒音測定」におけるオペレーターポジション測定値、アイドリング時 28.6db/CPUフル負荷時 43.6dbです。

APEXX 2 Introduction

APEXX2は、安全にオーバークロックされた4.5GHzのCPUを搭載しながらオフィス環境において静音性を保ち、CAD設計、3Dモデリング、アニメーションワークフローに向けた構成を提供しています。まさに、APEXX2は、CINEMA4Dのシングルスレッドのタスクを実行するための理想的なワークステーションです。
*APEXX2の静音性は、ISO 7779(JIS X7779)準拠、「情報機器の騒音測定」におけるオペレーターポジション測定値、アイドリング時 28.4db/CPUフル負荷時 29.3dbです。

APEXX 4 Introduction

APEXX4 7901はインテル®Xeon®プロセッサーを2基、最大36コア(72スレッド)搭載可能でを容易にレンダリングとシミュレーションタスクで高性能なワークステーションです。
APEXX4 7402は最も汎用性の高いプラットフォームにオーバークロックされたシングルプロセッサを搭載、DDR4メモリ搭載と最大4枚のGPUを搭載しております。

BOXX アドバンテージ

  • ・BOXXはプロフェッショナルビジュアリゼーションとエンジニアリングマーケット向けに,最高のワークフローを提供します。冷却性と静音性の高いグラフィックワークステーションとレンダリングシステム は常にお客様の問題を解決に導いています。
  • ・米国BOXXはオリジナル筐体を使用しデザインから製造まで行っております。デザインから製造までをすべて自社管理で行う事で、ワークステーションのコンポーネントを最適なシステムアークテクチャーにする事が可能です。
    また、オーバークロッキングモルデルではオリジナル筐体に水冷冷却ユニットとGPU、SSDを搭載し過酷な使用環境にも適応させています。
  • ・BOXX本社の開発スタッフはこれまでの経験と,自社製品のハードウェアナリッジだけでなく、お客様が使用されているプロフェッショナルソフトウェア、アプリケーションについても深い知識を持ち製品を開発しています。
  • ・BOXXのシステムはAutodesk やDassaultの認定を受けています。もしハードウェアによるソフトウェアに問題が生じた場合、BOXX本社はあなたに変わってソフトウェアーメーカーと共に解決策を見つけることも可能です。
  • ・日本でのBOXX製品についてご質問については弊社WEBサイトよりお問合せください。担当者より迅速にご連絡致します。

BOXXは創造的なビジネスほど待ってくれない事を知っています。あなたのお客様があなたに期待する様に どうか我々BOXX製品に期待してください。

ご購入前のお問い合わせはこちら 03-6801-6333 受付時間:平日/9:00~17:00
当社はインテル® テクノロジー・プロバイダープラチナメンバーです。
当社はインテル® テクノロジー・
プロバイダープラチナメンバーです。
Inter Bee 2016
Affter NAB Tokyo
AUTODESK UNIVERSITY JAPAN 2016
AUGI jp
BOXXの強み
TOPへ

Copyright (c) 2014 Boxx Allright reserved.