Adobe Creative Cloud

BOXXは、創業よりこれまでの延長線にポストプロダクションが要求するようなノンリニアの写真やビデオ編集ワークステーションおよび近年の4Kや6Kの高解像度コンテンツ制作用のワークステーションがあります。 また、BOXXは常にユーザーが創造するビジョンをサポートするAdobeワークフローに必要なシステム要件において制作に際して複数のアプリケーションの性能向上が求められる特殊なシステム構成を満たすシステムを提供しており、Premiere Proでの映像編集においてAfter Effects、Photoshop、Lightroom、Audition などのパッケージを網羅した映像制作を可能にさせるAdobe Creative Cloud向けの最速ワークステーションをお客様ニーズと共に構築いたします。

Premiere Pro and After Effects

Premiere Pro と After Effectsはよく並行して利用されていますが、2つのアプリケーションは異なる方法でシステムのハードウェア・リソースを利用しております。Premiere ProとAfter Effectsは、CPUとGPUのパワーによって性能向上に貢献します。通常、CPUパワーは、周波数をCPUコア数に乗じて性能が引き出され、常に最も要求の厳しいワークロードの性能に貢献します。 また、我々はエフェクト処理の際レンダリングのためにあまりにも多くのRAMを持っていることをお勧めておりません。我々はAfter EffectsのためのワークステーションにおいてCPUコアあたりのRAMは3〜6ギガバイトの搭載をお勧めしています。さらに、多くのエフェクト/フィルター/アクションやリアルタイム再生は、強力なGPUを必要とする場合があります。スクラブとプレビュー表示する際は複数のGPUを利用することができ、アドビPremiere ProCCのコアにはGPUアクセラレーション機能  Mercury Playback Engineがあります。 この機能は、インタラクティブ、リアルタイム編集を実現させ、さらにデュアルCPU構成によってRED ROCKETカードの必要性をなくし、特に4K REDカメラなどで撮影された映像編集の際には、高速なパフォーマンスで23倍まで加速するNVIDIA CUDAを活用することができることで、より良い効果と高解像度の処理を求めるPremiere Proのワークステーションのために強力なGPU構成検討する必要があります。一眼カメラの Rawデーターのような軽い圧縮やデータが豊富なフォーマットと大きなフレームサイズで編集作業している場合は、RAID構成によって、ストレージをより速くさせるドライブアレイが必要になるでしょう。Premiere ProとAfter Effectsのために、BOXXは、NVIDIAのQuadro K4200以上を搭載する、APEXX 4 7201ワークステーションをお勧めします。さらにデュアルCPUと複数のGPU(Quadro デュアルK4200またはデュアルK5200以上)を利用して最大のパフォーマンスを得るAPEXX 4 7901で、4/6Kの映像編集のワークフローを加速させるでしょう。

Adobe SpeedGrade

Adobe SpeedGrade CCのGPUアクセラレーションルックマネージャを使用すると、簡単にグレーディングプリセットで簡単に適応することを可能にしながら、リアルタイムにLumetri™ Deep Color EngineのカラーグレーディングをGPUを介して加速することができます。Premiere Pro CCで、事前定義されたルックスは、ビデオ編集のワークフロー内で直接適用することができます。また、GPUアクセラレーションショットマッチャでクリップを一致させ簡単に時間のかかる作業を簡素化することができます。スピードグレードはプロジェクト全体の、シーン内でクリップ間の一貫性のある感触を達成するために、映像の微妙な違いを自動的に修正することができます。 NVIDIAのQuadro GPUは、RAW、ハイダイナミックレンジ、またはLumetriディープカラーエンジンを搭載したステレオスコピック3Dコンテンツのために必要なリアルタイムのカラー編集に対応します。これは、正しい複数の層を着色し、より効率的かつ迅速にルックスを設計できることを意味します。APEXX 4 7402(オーバークロック8コア)またはAPEXX4 7901でシステム構成に、1枚の強力なGPUを推奨します(最大パフォーマンス要求にはデュアルインテル®Xeon®プロセッサーをお勧めいたします。)。

Photoshop and Lightroom

これらの画像編集パッケージを利用される場合、特にSSDの搭載構成であるか、できるだけ最大メモリ容量(購入されるご予算に応じて)であること確認してください。RAWファイルでは、通常よりも多くメモリ内に作業領域の保持と、プロジェクトを保存する際にはSSDによる高速なアクセス速度によって大幅に処理が加速されます。さらに、 OpenCLをサポートするNVIDIAまたはAMDのプロフェッショナルGPUでは、様々なフィルタ処理をGPUパフォーマンスを利用して加速させることができます。高い解像度の要求または最大表示のためのエキゾチックなディスプレイのサポートを必要としない限り、基本的にはQuadroかFireProによって要求されるニーズを満たします。BOXXでは、予算に応じた最大システムメモリ搭載、Quadro K2200クラス以上のグラフィックス、高速SSDの搭載を選択されたAPEXX 2 2201APEXX4 7201は、PhotoshopとLightroomのためのワークステーションコンピュータとして驚異的なパフォーマンスを提供するでしょう。

Adobe Media Encoder

現在、Adobe Mercury Playback EngineとAdobe Media Encoder CCの統合により、効率的なクリエイティブワークフローのバックグラウンドで複数のプロジェクトをさらに高速で最適化された映像制作や、AMEから直接エフェクトの追加やレンダリングをすることができます。これらの処理の際、ローカルマシン上でレンダリングに時間を要しますが、BOXX APEXX 4 7402のようなパワフルな 8コア オーバークロックのワークステーションならAMEのキュー管理をソフトウェア側からワークフローを最適化することができ、マルチCPUシステムである、APEXX 4 7901APEXX 5 8901であれば必要なすべての要求性能を提供いたします。これらのBOXX製品によってこれまでの様に待ち時間を要することはくなるでしょう。

「Inter BEE 2014 」 4K60P映像制作事例

2014年11月19~21日に開催された、国際放送機器展「Inter BEE 2014」期間中、アドビ システムズ/インテルブース内で行われた会場ステージ「インテル最新環境とAdobe Creative Cloudで実現する4K60P映像制作」にて、モーショングラフィックスアーティスト佐藤隆之氏、4Kプロデューサー/ディレクターの藤本ツトム氏によるオリジナル4K/60p映像作成の際、BOXX APEXX4 7901 を利用したワークフローをご紹介、両氏よりAPEXX4 7901 は 4K60P映像制作に最適とご紹介頂きました。

BOXX アドバンテージ

  • ・BOXXはプロフェッショナルビジュアリゼーションとエンジニアリングマーケット向けに,最高のワークフローを提供します。冷却性と静音性の高いグラフィックワークステーションとレンダリングシステム は常にお客様の問題を解決に導いています。
  • ・米国BOXXはオリジナル筐体を使用しデザインから製造まで行っております。デザインから製造までをすべて自社管理で行う事で、ワークステーションのコンポーネントを最適なシステムアークテクチャーにする事が可能です。
    また、オーバークロッキングモルデルではオリジナル筐体に水冷冷却ユニットとGPU、SSDを搭載し過酷な使用環境にも適応させています。
  • ・BOXX本社の開発スタッフはこれまでの経験と,自社製品のハードウェアナリッジだけでなく、お客様が使用されているプロフェッショナルソフトウェア、アプリケーションについても深い知識を持ち製品を開発しています。
  • ・BOXXのシステムはAutodesk やDassaultの認定を受けています。もしハードウェアによるソフトウェアに問題が生じた場合、BOXX本社はあなたに変わってソフトウェアーメーカーと共に解決策を見つけることも可能です。
  • ・日本でのBOXX製品についてご質問については弊社WEBサイトよりお問合せください。担当者より迅速にご連絡致します。

BOXXは創造的なビジネスほど待ってくれない事を知っています。あなたのお客様があなたに期待する様に どうか我々BOXX製品に期待してください。

ご購入前のお問い合わせはこちら 03-6801-6333 受付時間:平日/9:00~17:00
当社はインテル® テクノロジー・プロバイダープラチナメンバーです。
当社はインテル® テクノロジー・
プロバイダープラチナメンバーです。
Inter Bee 2016
Affter NAB Tokyo
AUTODESK UNIVERSITY JAPAN 2016
AUGI jp
BOXXの強み
TOPへ

Copyright (c) 2014 Boxx Allright reserved.