APEXX E3-Ci7
new

APEXX E-classは、第10世代,11世代のインテル® Core™ i7またはi9プロセッサー、デュアルスロットのプロフェッショナルGPU、大容量のメモリー、豊富なストレージを搭載した、3D CADやモーションメディア向けのコンパクトで堅牢なエントリーレベルのワークステーションです。

APEXX Eクラスのワークステーションに搭載されているインテル® Core™ プロセッサーは、ベースクロックが3.6GHz、ターボ・ブーストの最大速度がそれぞれ4.9GHzおよび5.0GHzとなっており、軽快なスレッド処理が求められるコンテンツ制作アプリケーションに適しています。

基本構成

  • Single Soket
  • 1GPU
  • TurboBoost
  • 8Core
  • USB 3.2
  • USB3.2-C
  • PCI-E x16
  • GigabitEther
  • M.2 SSD
  • グラフィック有
  • D-SUB
  • HDMI
  • DDR4
  • 3200MHz
  • 最大4枚搭載
  • CPU液体冷却
  • 350W
  • 80+ GOLD
  • 標準1年保証

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

第8世代 Core i7 プロセッサーを搭載

インテル第8世代 Coreプロセッサー は 14nm微細化プロセスルール採用によりシングルスレッドの演算能力が強化、加えて内蔵グラフィックの強化などにより、前世代Coreプロセッサーと比較しても大幅な性能向上、インテル ターボブースト機能でCPUを加速アップを実現しており、これらにより、オートデスクの3dsMAX®、Revit®、SOLIDWORKS、および、その他 シングルスレッドで動作されるアCAD、CAEなどのプリケーションでの性能を最大限引き出し業務効率を大幅に改善いたします。
第8世代 Core i7 プロセッサーを搭載
4K対応の新しい統合グラフィックスソリューション

4K対応の新しい統合グラフィックスソリューション



Intel® HD Graphics 4600を搭載、従来 に比べ約1.8倍のグラフィックス性能の向上を実現、 バリューランクのCPUでも高いグラフィックス性能を発揮することが可能です。また、ディスプレイインタフェースがDisplay Port 1.2に対応となり、4Kディスプレイ出力(3840×2160)をサポート。また、プロフェッショナルグラフィッス カードに必要なスロット及び電源も標準で備えており、NVIDIA Quadro 、AMD Fireシリーズなど、CGデザイン制作/CADワークステーション向けのアプリケーションメーカーに認定されたプロフェッショナルグラフィックスカードを用意、これらを長期で安定した動作を確保します。
TOPへ

Copyright (c) 2014 BOXX Japan. All rights reserved.