APEXX-S3.05-i7
new

新しいBOXX APEXX Sクラスワークステーションは、プロフェッショナルにオーバークロックされた世界最速のプロセッサーによって駆動され、新しく設計されたオリジナルシャーシに収容されています。 BOXXの先進的な液体冷却設計により高速な4.9GHzの動作速度で高性能を維持しつつ筐体内を安全で安定した温度で保ちながら静音動作を実現します。 また、Sクラス・シリーズはBTOにる構成オプションによっては最大3つのプロフェッショナルGPUをサポートしながら、内部に3.5 HDDでの大容量ストレージを最大2基格納するスペースもあります。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

EXPLORE THE NEW S-CLAS WORKSTATION




新しいBOXX APEXX Sクラスワークステーションは、プロフェッショナルにオーバークロックされた世界最速のプロセッサーによって駆動され、新しく設計されたオリジナルシャーシに収容されています。 BOXXの先進的な液体冷却設計によりCPUをオーバークロックで最大5.1GHz 動作速度させ高性能を維持しつつ筐体内を安全で安定した温度で保ちながら静音動作を実現します。 また、Sクラス・シリーズはBTOにる構成オプションによっては最大3つのプロフェッショナルGPUをサポートしながら、内部に3.5 HDDでの大容量ストレージを最大2基格納するスペースもあります。
 
EXPLORE THE NEW  S-CLAS  WORKSTATION
第9世代 プロセッサー8Core オーバークロック5.1GHz 快適動作

第9世代 プロセッサー8Core オーバークロック5.1GHz 快適動作


8コアの最新世代のCore™i7プロセッサで構成されるAPEXX S3はプロフェッショナルアプリケーションにおいて不可欠なワークステーションでしょう。 実際、CAD設計と3Dモデリングアプリケーションにおいて オーバークロック搭載 前モデルAPEXX2 2403と比較して上回る性能で生産性向上をもたらします。また、プロフェッショナルGPUや世界最速のプロセッサー サポートによって創造的なワークフローを加速し理想的なプラットフォームをご提供いたします。





 

豊富な標準機能




新しいBOXX APEXX SクラスワークステーションはCPUやGPU 性能以外にも豊富な拡張性を持ち合わせています。Intel UHD グラフィックス​出力による4K出力、DirectX 12、HEV再生、3 つの PCI Express 3.0 x16 スロットによる NVIDIA SLI、2基の3.5インチHDDベイ、3つのM.2 PCI-e SSDスロット、Dual GigaBit LAN、WiFi (IEEE 802.11a/b/g/n/ac)​、Bluetooth 4.2, USB 3.1 Gen2 Type-C​ポート、オプションによるThunderbolt3対応、臨場感ある7.1 チャネル HD Audio などこれらがコンパクトなデザインに標準搭載され利用することができます。
APEXX-S3.06-i9
new

新しいBOXX APEXX Sクラスワークステーションは、プロフェッショナルにオーバークロックされた世界最速のプロセッサーによって駆動され、新しく設計されたオリジナルシャーシに収容されています。 BOXXの先進的な液体冷却設計により高速な5.0GHzの動作速度で高性能を維持しつつ筐体内を安全で安定した温度で保ちながら静音動作を実現します。 また、Sクラス・シリーズはBTOにる構成オプションによっては最大3つのプロフェッショナルGPUをサポートしながら、内部に3.5 HDDでの大容量ストレージを最大2基格納するスペースもあります。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

EXPLORE THE NEW S-CLAS WORKSTATION




新しいBOXX APEXX Sクラスワークステーションは、プロフェッショナルにオーバークロックされた世界最速のプロセッサーによって駆動され、新しく設計されたオリジナルシャーシに収容されています。 BOXXの先進的な液体冷却設計により高速な4.8GHzの動作速度で高性能を維持しつつ筐体内を安全で安定した温度で保ちながら静音動作を実現します。 また、Sクラス・シリーズはBTOにる構成オプションによっては最大3つのプロフェッショナルGPUをサポートしながら、内部に3.5 HDDでの大容量ストレージを最大2基格納するスペースもあります。
 
EXPLORE THE NEW  S-CLAS  WORKSTATION
第9世代 プロセッサー8Coreをオーバークロック5.0GHzで快適動作

第9世代 プロセッサー8Coreをオーバークロック5.0GHzで快適動作


8コアの最新世代のCore™i9プロセッサで構成されるAPEXX S3はプロフェッショナルアプリケーションにおいて不可欠なワークステーションでしょう。 実際、CAD設計と3Dモデリングアプリケーションにおいて オーバークロック搭載 前モデルAPEXX2 2403と比較して上回る性能で生産性向上をもたらします。また、プロフェッショナルGPUや世界最速のプロセッサー サポートによって創造的なワークフローを加速し理想的なプラットフォームをご提供いたします。






 

豊富な標準機能




新しいBOXX APEXX SクラスワークステーションはCPUやGPU 性能以外にも豊富な拡張性を持ち合わせています。Intel UHD グラフィックス​出力による4K出力、DirectX 12、HEV再生、3 つの PCI Express 3.0 x16 スロットによる NVIDIA SLI、2基の3.5インチHDDベイ、3つのM.2 PCI-e SSDスロット、Dual GigaBit LAN、WiFi (IEEE 802.11a/b/g/n/ac)​、Bluetooth 4.2, USB 3.1 Gen2 Type-C​ポート、オプションによるThunderbolt3対応、臨場感ある7.1 チャネル HD Audio などこれらがコンパクトなデザインに標準搭載され利用することができます。
APEXX X3
osusume

最大18コア/36スレッドのBOXX Xクラスワークステーションは、創造的な生産性を最大限に高めるように設計されています。 長編映画を編集している場合でも最先端のVR体験を展開している場合でも、最大3つのグラフィックカードと128GBまたはメモリをサポートするAPEXX X3は、プラットフォームの複雑な制作パイプラインとして理想的なシステムです。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

インテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー・ファミリー搭載


 





パフォーマンスを最大化する
最新の長編映画やYouTube *シリーズの次のエピソードで作業している場合でも、ロックされていないインテル®Core™Xシリーズ・プロセッサーは、より高い周波数で最大2つのコアを使用することで、 極端なメガタスキングが必要な場合はコアを使用します。 究極のパフォーマンス、魅力的な4Kビジュアル、高速ストレージとメモリ、最新技術の進化を駆使して、計画から最終製品までの時間をこれまで以上に短縮します。




パワークリエイティビティ
より多くの時間を費やし、待ち時間を減らす。 インテル®Core™Xシリーズ・プロセッサーは、最も要求の厳しいワークロードを処理できます。 360°動画をすばやくアップロードして編集し、VR動画を素晴らしい4Kで楽しむことができます。 新しいコンピュータに作成できるものに制限はありません。




エクストリームメガタスク
最高の作業を作成するには、一度に複数のCPU集約型タスクを処理するための最も応答性の高いテクノロジが必要です。 インテル®Core™Xシリーズプロセッサーを使用すると、コンピューターのパフォーマンスを損なうことなく、ビデオを編集したり、3D効果をレンダリングしたり、サウンドトラックを同時に構成したりできます。

 
Intel® Turbo Boost Max Technology 3.0 対応

Intel® Turbo Boost Max Technology 3.0 対応


プロセッサー・ダイの中から最も高速なコアを 2 つ特定し、X シリーズ・プロセッサー・ファミリーのシングルスレッド性能を高めます。この機能に付属して提供されるドライバーで優先順位の高いアプリケーションを設定することで、エンドユーザーから最速コアにワークロードを指定することができます。
 

EXPLORE THE NEW X3 WORKSTATION




新しいBOXX APEXX Xクラスワークステーションは、最新のインテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー・ファミリーを採用、新しく設計されたオリジナルシャーシに収容されています。
高性能を維持しつつ筐体内を安全で安定した温度で保ちながら静音動作を実現します。 また、Xクラス・シリーズはBTOにる構成オプションによっては最大3つのプロフェッショナルGPUをサポートしながら、内部に3.5 HDDでの大容量ストレージを最大2基(SSD搭載時 最大4基)格納するスペースを持ちます。



液体冷却ユニットを採用で静音を維持




冷却性能を高めるため、全のモデルに液体冷却ユニットを採用しています。
高クロックなCPUを確実に冷却させるために高い熱伝導効率を誇る銅を採用しており、CPUから発生した熱を効果的にクーラント液へ伝える優れた冷却性と静音性を発揮します。
MTBF 50,000時間のミッションクリティカルレベルの本ユニットは劣化に強く水漏れや揮発の心配がありません。
 
EXPLORE THE NEW X3 WORKSTATION

マルチGPU対応




アプリケーションの性能を最大限に引き出すNVIDIA®、AMDなど高性能な3D CG、CAD向けプロフェッショナルGPUを最大2基数搭載可能な拡張スロットを装備。
また、対応したアプリケーションを利用することで GPUの機能を利用してアプリケーションのパフォーマンスを強化する事ができ、コンピュータグラフィックの制御と出力が効率的に行われ、さらに、GPU の高い処理能力によって、従来は高速な CPU や大量のメモリが必要とされたエフェクトやレンダリングをGPUを使用して高速に実行できるようになります。

また、 GPUの 並列コンピューティングのプラットフォーム を活用してインタラクティブでリアルタイムの編集と高速なパフォーマンスを提供することができます。
*本製品は、2GPU 利用時  PCI-Ex16 で最大2基/ 3GPU 利用時  PCI-Ex16x1基 & PCI-Ex8 2基 の動作利用になります
 

豊富な標準機能 (Thunderbolt 3 、M.2_NVMe)



新しいBOXX APEXX XクラスワークステーションはCPUやGPU 性能以外にも豊富な拡張性を持ち合わせています。拡張グラフィックス​出力による4K出力、DirectX 12、HEV再生、5 つの PCI Express 3.0 x16 スロットによる NVIDIA SLI、3つのM.2 PCI-e SSDスロット、Dual GigaBit LAN、WiFi (IEEE 802.11a/b/g/n/ac)​、Bluetooth 4.2, USB 3.1 Gen2 Type-C​ポート、オンボードによるThunderbolt3対応、臨場感ある7.1 チャネル HD Audio などこれらがコンパクトなデザインに標準搭載され利用することができます。
APEXX X3.03
osusume

最大18コア/36スレッドのBOXX Xクラスワークステーションは、創造的な生産性を最大限に高めるように設計されています。 長編映画を編集している場合でも最先端のVR体験を展開している場合でも、最大3つのグラフィックカードと128GBまたはメモリをサポートするAPEXX X3は、プラットフォームの複雑な制作パイプラインとして理想的なシステムです。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

インテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー・ファミリー搭載


 





パフォーマンスを最大化する
最新の長編映画やYouTube *シリーズの次のエピソードで作業している場合でも、ロックされていないインテル®Core™Xシリーズ・プロセッサーは、より高い周波数で最大2つのコアを使用することで、 極端なメガタスキングが必要な場合はコアを使用します。 究極のパフォーマンス、魅力的な4Kビジュアル、高速ストレージとメモリ、最新技術の進化を駆使して、計画から最終製品までの時間をこれまで以上に短縮します。




パワークリエイティビティ
より多くの時間を費やし、待ち時間を減らす。 インテル®Core™Xシリーズ・プロセッサーは、最も要求の厳しいワークロードを処理できます。 360°動画をすばやくアップロードして編集し、VR動画を素晴らしい4Kで楽しむことができます。 新しいコンピュータに作成できるものに制限はありません。




エクストリームメガタスク
最高の作業を作成するには、一度に複数のCPU集約型タスクを処理するための最も応答性の高いテクノロジが必要です。 インテル®Core™Xシリーズプロセッサーを使用すると、コンピューターのパフォーマンスを損なうことなく、ビデオを編集したり、3D効果をレンダリングしたり、サウンドトラックを同時に構成したりできます。

 
Intel® Turbo Boost Max Technology 3.0 対応

Intel® Turbo Boost Max Technology 3.0 対応


プロセッサー・ダイの中から最も高速なコアを 2 つ特定し、X シリーズ・プロセッサー・ファミリーのシングルスレッド性能を高めます。この機能に付属して提供されるドライバーで優先順位の高いアプリケーションを設定することで、エンドユーザーから最速コアにワークロードを指定することができます。
 

EXPLORE THE NEW X3 WORKSTATION




新しいBOXX APEXX Xクラスワークステーションは、最新のインテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー・ファミリーを採用、新しく設計されたオリジナルシャーシに収容されています。
高性能を維持しつつ筐体内を安全で安定した温度で保ちながら静音動作を実現します。 また、Xクラス・シリーズはBTOにる構成オプションによっては最大3つのプロフェッショナルGPUをサポートしながら、内部に3.5 HDDでの大容量ストレージを最大2基(SSD搭載時 最大4基)格納するスペースを持ちます。



液体冷却ユニットを採用で静音を維持




冷却性能を高めるため、全のモデルに液体冷却ユニットを採用しています。
高クロックなCPUを確実に冷却させるために高い熱伝導効率を誇る銅を採用しており、CPUから発生した熱を効果的にクーラント液へ伝える優れた冷却性と静音性を発揮します。
MTBF 50,000時間のミッションクリティカルレベルの本ユニットは劣化に強く水漏れや揮発の心配がありません。
 
EXPLORE THE NEW X3 WORKSTATION

マルチGPU対応




アプリケーションの性能を最大限に引き出すNVIDIA®、AMDなど高性能な3D CG、CAD向けプロフェッショナルGPUを最大2基数搭載可能な拡張スロットを装備。
また、対応したアプリケーションを利用することで GPUの機能を利用してアプリケーションのパフォーマンスを強化する事ができ、コンピュータグラフィックの制御と出力が効率的に行われ、さらに、GPU の高い処理能力によって、従来は高速な CPU や大量のメモリが必要とされたエフェクトやレンダリングをGPUを使用して高速に実行できるようになります。

また、 GPUの 並列コンピューティングのプラットフォーム を活用してインタラクティブでリアルタイムの編集と高速なパフォーマンスを提供することができます。
*本製品は、2GPU 利用時  PCI-Ex16 で最大2基/ 3GPU 利用時  PCI-Ex16x1基 & PCI-Ex8 2基 の動作利用になります
 

豊富な標準機能 (Thunderbolt 3 、M.2_NVMe)



新しいBOXX APEXX XクラスワークステーションはCPUやGPU 性能以外にも豊富な拡張性を持ち合わせています。拡張グラフィックス​出力による4K出力、DirectX 12、HEV再生、5 つの PCI Express 3.0 x16 スロットによる NVIDIA SLI、3つのM.2 PCI-e SSDスロット、Dual GigaBit LAN、WiFi (IEEE 802.11a/b/g/n/ac)​、Bluetooth 4.2, USB 3.1 Gen2 Type-C​ポート、オンボードによるThunderbolt3対応、臨場感ある7.1 チャネル HD Audio などこれらがコンパクトなデザインに標準搭載され利用することができます。
APEXX E3-Ci7
new

APEXX E-classは、第10世代,11世代のインテル® Core™ i7またはi9プロセッサー、デュアルスロットのプロフェッショナルGPU、大容量のメモリー、豊富なストレージを搭載した、3D CADやモーションメディア向けのコンパクトで堅牢なエントリーレベルのワークステーションです。

APEXX Eクラスのワークステーションに搭載されているインテル® Core™ プロセッサーは、ベースクロックが3.6GHz、ターボ・ブーストの最大速度がそれぞれ4.9GHzおよび5.0GHzとなっており、軽快なスレッド処理が求められるコンテンツ制作アプリケーションに適しています。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

第8世代 Core i7 プロセッサーを搭載

インテル第8世代 Coreプロセッサー は 14nm微細化プロセスルール採用によりシングルスレッドの演算能力が強化、加えて内蔵グラフィックの強化などにより、前世代Coreプロセッサーと比較しても大幅な性能向上、インテル ターボブースト機能でCPUを加速アップを実現しており、これらにより、オートデスクの3dsMAX®、Revit®、SOLIDWORKS、および、その他 シングルスレッドで動作されるアCAD、CAEなどのプリケーションでの性能を最大限引き出し業務効率を大幅に改善いたします。
第8世代 Core i7 プロセッサーを搭載
4K対応の新しい統合グラフィックスソリューション

4K対応の新しい統合グラフィックスソリューション



Intel® HD Graphics 4600を搭載、従来 に比べ約1.8倍のグラフィックス性能の向上を実現、 バリューランクのCPUでも高いグラフィックス性能を発揮することが可能です。また、ディスプレイインタフェースがDisplay Port 1.2に対応となり、4Kディスプレイ出力(3840×2160)をサポート。また、プロフェッショナルグラフィッス カードに必要なスロット及び電源も標準で備えており、NVIDIA Quadro 、AMD Fireシリーズなど、CGデザイン制作/CADワークステーション向けのアプリケーションメーカーに認定されたプロフェッショナルグラフィックスカードを用意、これらを長期で安定した動作を確保します。
APEXX E3 Ci9
new

APEXX E-classは、第10世代,11世代のインテル® Core™ i7またはi9プロセッサー、デュアルスロットのプロフェッショナルGPU、大容量のメモリー、豊富なストレージを搭載した、3D CADやモーションメディア向けのコンパクトで堅牢なエントリーレベルのワークステーションです。

APEXX Eクラスのワークステーションに搭載されているインテル® Core™ プロセッサーは、ベースクロックが3.6GHz、ターボ・ブーストの最大速度がそれぞれ4.9GHzおよび5.0GHzとなっており、軽快なスレッド処理が求められるコンテンツ制作アプリケーションに適しています。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

第8世代 Core i7 プロセッサーを搭載

インテル第8世代 Coreプロセッサー は 14nm微細化プロセスルール採用によりシングルスレッドの演算能力が強化、加えて内蔵グラフィックの強化などにより、前世代Coreプロセッサーと比較しても大幅な性能向上、インテル ターボブースト機能でCPUを加速アップを実現しており、これらにより、オートデスクの3dsMAX®、Revit®、SOLIDWORKS、および、その他 シングルスレッドで動作されるアCAD、CAEなどのプリケーションでの性能を最大限引き出し業務効率を大幅に改善いたします。
第8世代 Core i7 プロセッサーを搭載
4K対応の新しい統合グラフィックスソリューション

4K対応の新しい統合グラフィックスソリューション

Intel® HD Graphics 4600を搭載、従来 に比べ約1.8倍のグラフィックス性能の向上を実現、 バリューランクのCPUでも高いグラフィックス性能を発揮することが可能です。また、ディスプレイインタフェースがDisplay Port 1.2に対応となり、4Kディスプレイ出力(3840×2160)をサポート。また、プロフェッショナルグラフィッス カードに必要なスロット及び電源も標準で備えており、NVIDIA Quadro 、AMD Fireシリーズなど、CGデザイン制作/CADワークステーション向けのアプリケーションメーカーに認定されたプロフェッショナルグラフィックスカードを用意、これらを長期で安定した動作を確保します。。
APEXX A3.02


APEXX A3はエントリーレベルのワークステーション に搭載されたAMD第3世代Ryzen™プロセッサーによって、高性能プロセッサーへの期待を超越し、より高い水準を達成するように設計されております。また、コンパクトで静かなBOXX独自の筐体にPCIe 4.0対応プラットフォームをサポートするGPUスロットと記憶容量が豊富なストレージオプションを搭載してシステムを驚くほど低温・静音に保ちながら、優れた性能を発揮します。
 

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

第3世代 AMD Ryzen デスクトップ・プロセッサー




AMD Ryzen™ 3000シリーズ・プロセッサー

世界最先端のデスクトップ・プロセッサー

真のインテリジェントなプロセッサを実現するためにAMD SenseMI Technologyで構築されています。
 

性能

より高速。 より大きいメモリー。 より広い帯域幅。 すべてを試し、すべてを引き出し、すべての力を出し切ってください。 AMD第3世代Ryzen™プロセッサーは、高性能プロセッサーへの期待を超越し、より高い水準を達成するように設計されています。


テクノロジー

世界最先端の製造テクノロジーを使用して構築された第3世代AMD Ryzen™プロセッサーは、システムを驚くほど低温・静音に保ちながら、優れた性能を発揮します。


リーダーシップ

PCIe 4.0対応プラットフォームをサポートする世界初の第3世代Ryzenプロセッサーにより、最先端のマザーボードとグラフィックス、そしてストレージ・テクノロジーが可能となります。

AMD SenseMI Technology

AMD SenseMI Technology

SSDは高速ですが、容量が少なく高価です。ハードドライブは大容量で低価格ですが、SSDよりもはるかに低速です。AMD StoreMIテクノロジーは、こうした2タイプのストレージを1つのドライブに「結合」し、最も頻繁にアクセスするデータをSSDに自動的に移動させるので、両方の利点を最大限に活用できます。SSDの応答性、および機械式のハードディスク容量を提供します。

AMD Ryze Master Utility


AMD Ryzen™プロセッサ用のシンプルで強力なオーバークロックユーティリティ。

AMD Ryzenプロセッサーは工場で乗算器によりロック解除されているので、自在に性能をカスタマイズできます。AMDはこの大きなメリットを利用できるようAMD Ryzen Masterユーティリティを提供しています。
AMD Ryze Master Utility
APEXX A3.02


APEXX A3はエントリーレベルのワークステーション に搭載されたAMD第3世代Ryzen™プロセッサーによって、高性能プロセッサーへの期待を超越し、より高い水準を達成するように設計されております。また、コンパクトで静かなBOXX独自の筐体にPCIe 4.0対応プラットフォームをサポートするGPUスロットと記憶容量が豊富なストレージオプションを搭載してシステムを驚くほど低温・静音に保ちながら、優れた性能を発揮します。
 

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

The “Zen” Core Architecture




真のインテリジェントなプロセッサを実現するためにAMD SenseMI Technology‡で構築されています。


AMD Ryzen™ 7 2700X

# of CPU Cores: 8
# of Threads: 16
Max Boost Clock: 4.3GHz
Base Clock Speed: 3.7GHz
Default TDP / TDP: 105W


AMD Ryzen™ 5 2600X

# of CPU Cores: 6
# of Threads: 12
Max Boost Clock: 4.2GHz
Base Clock Speed: 3.6GHz
Default TDP / TDP: 95W


 

AMD SenseMI Technology

AMD SenseMI Technology


AMD SenseMIテクノロジでは、Ryzen™プロセッサは真のマシンインテリジェンスを使用してパフォーマンスを向上させます。

AMD Ryze Master Utility


AMD Ryzen™プロセッサ用のシンプルで強力なオーバークロックユーティリティ。
AMD Ryze Master Utility
APEXX A3.02

APEXX A3はエントリーレベルのワークステーション に搭載されたAMD第3世代Ryzen™プロセッサーによって、高性能プロセッサーへの期待を超越し、より高い水準を達成するように設計されております。また、コンパクトで静かなBOXX独自の筐体にPCIe 4.0対応プラットフォームをサポートするGPUスロットと記憶容量が豊富なストレージオプションを搭載してシステムを驚くほど低温・静音に保ちながら、優れた性能を発揮します。
 

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

The “Zen” Core Architecture




真のインテリジェントなプロセッサを実現するためにAMD SenseMI Technology‡で構築されています。


AMD Ryzen™ 7 2700X

# of CPU Cores: 8
# of Threads: 16
Max Boost Clock: 4.3GHz
Base Clock Speed: 3.7GHz
Default TDP / TDP: 105W


AMD Ryzen™ 5 2600X

# of CPU Cores: 6
# of Threads: 12
Max Boost Clock: 4.2GHz
Base Clock Speed: 3.6GHz
Default TDP / TDP: 95W


 

AMD SenseMI Technology

AMD SenseMI Technology


AMD SenseMIテクノロジでは、Ryzen™プロセッサは真のマシンインテリジェンスを使用してパフォーマンスを向上させます。

AMD Ryze Master Utility


AMD Ryzen™プロセッサ用のシンプルで強力なオーバークロックユーティリティ。
AMD Ryze Master Utility
APEXX W4
new

インテル®Xeon®Wプロセッサを使用するAPEXX Wクラスのワークステーションは、さまざまなプロフェッショナル・アプリケーションに最適です。  CPUデバイスをシングルにすることで、GPU中心ワークフローのROIを最大化します。また、APEXX Wクラスは、 最大4つまたは8つのGPUをサポートによってGPUレンダリング、マルチディスプレイ などのマルチGPU環境において堅固なパフォーマンスと信頼性を提供します。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

Performance Optimized for Mainstream Workstations

カスタマイズによって最大18コアのコアと36スレッド、最大4.5ギガヘルツのインテル®ターボ・ブースト・テクノロジー2.0周波数、最大512 GB DDR4 ECC 2666 MHzメモリのサポートにより、迅速なワークロードのロードと処理が可能。
Performance Optimized for Mainstream Workstations
Enhanced I/O

Enhanced I/O

APEXX Wに搭載されたCPUは グラフィックス、ストレージ、およびネットワークの拡張性のために最大48レーンのPCI Express * 3.0に対応とバスの拡張より最大4つGPUがx16バスでの動作が可能です。さらに、インテル®バーチャル・ライセンス・オン・チップ(インテル®VROC)を利用することでNVMe ドライブをRAID利用できメディア性能の向上が図れます。
 

TYPICAL INTEL® XEON® W PROCESSOR CONFIGURATON




 
APEXX W4.03
new

インテル®Xeon®Wプロセッサを使用するAPEXX Wクラスのワークステーションは、さまざまなプロフェッショナル・アプリケーションに最適です。  CPUデバイスをシングルにすることで、GPU中心ワークフローのROIを最大化します。また、APEXX Wクラスは、 最大4つまたは8つのGPUをサポートによってGPUレンダリング、マルチディスプレイ などのマルチGPU環境において堅固なパフォーマンスと信頼性を提供します。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

Performance Optimized for Mainstream Workstations

カスタマイズによって最大18コアのコアと36スレッド、最大4.5ギガヘルツのインテル®ターボ・ブースト・テクノロジー2.0周波数、最大512 GB DDR4 ECC 2933MHzメモリのサポートにより、迅速なワークロードのロードと処理が可能。
Performance Optimized for Mainstream Workstations
Enhanced I/O

Enhanced I/O

APEXX Wに搭載されたCPUは グラフィックス、ストレージ、およびネットワークの拡張性のために最大48レーンのPCI Express * 3.0に対応とバスの拡張より最大4つGPUがx16バスでの動作が可能です。さらに、インテル®バーチャル・ライセンス・オン・チップ(インテル®VROC)を利用することでNVMe ドライブをRAID利用できメディア性能の向上が図れます。
 

TYPICAL INTEL® XEON® W PROCESSOR CONFIGURATON




 
APEXX T3.04
new


APEXX T3は、要求の厳しい3Dコンテンツ作成ワークフローのためのワークステーションです。 最大64Core/128Threadの驚異的な第3世代 AMD Ryzen™Threadripper™プロセッサに加えて、コンパクトなBOXX  独自の筐体に大容量のシステム メモリとPCIe Gen 4.0に対応したスロットに最大3つのプロフェッショナルGPUが搭載可能、さらにSSD及びHDD ハードドライブスペースを備えており、クリエイターはより優れた一貫性のある性能でタスクをこなすことができます。
 

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

第3世代Ryzen™ Threadripper™プロセッサー




第3世代Ryzen™ Threadripper™プロセッサーは、最大64コア、128スレッドにより、クリエイティブ関連のワークロードを超高速に遂行することができます。また、最先端のPCIe® Gen 4.0接続をサポートする世界初のハイエンド・デスクトップ・プラットフォーム「AMD TRX40マザーボード」を採用。 この将来を見据えるパワフルかつスケーラブルなプラットフォーム4により、デスクトップ・プロセッサーで最大限のI/Oと拡張が実現します。本格的なマルチGPUとNVMeアレイに対応しています。




 
 SenseMI technology

SenseMI technology

最高で合計6個のNVMeディスクを搭載したRyzen™ Threadripper™プロセッサーなら、最高の速度または堅牢な冗長性が実現します。 これだけではありません。 PCIe® 4.0サポートにより、2倍の帯域幅を利用できます。これは、AMD TRX40マザーボードのハイエンド・デスクトップ専用です。

この世界で最もパワフルなデスクトップ・プロセッサー1で、創造的なビジョンを実現してください。





最も骨の折れるプログラムも簡単に処理


大天幕にふさわしい品質で、メディアを制作、編集、微調整してください。 リソースを最も大量に消費するプログラムでも効果的に処理できるほどパワフルなプロセッサーで、VFX、モデリング、編集、トラッキング、マスタリングなど、創造プロセスのあらゆる段階を処理してください。
APEXX T3.04
new


APEXX T3ファミリは、要求の厳しい3Dコンテンツ作成ワークフローのための汎用プラットフォームです。 最大64Core/128Threadの驚異的な高速AMD Ryzen™Threadripper™プロセッサに加えて、コンパクトなBOXX 独自の筐体に大容量メモリ容量と最大3つのプロフェッショナルGPU搭載、SSD及びHDD ハードドライブスペースを備えており、クリエイターはより優れた一貫性のある性能でタスクをこなすことができます。

 

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

第3世代Ryzen™ Threadripper™プロセッサー




第3世代Ryzen™ Threadripper™プロセッサーは、最大64コア、128スレッドにより、クリエイティブ関連のワークロードを超高速に遂行することができます。また、最先端のPCIe® Gen 4.0接続をサポートする世界初のハイエンド・デスクトップ・プラットフォーム「AMD TRX40マザーボード」を採用。 この将来を見据えるパワフルかつスケーラブルなプラットフォーム4により、デスクトップ・プロセッサーで最大限のI/Oと拡張が実現します。本格的なマルチGPUとNVMeアレイに対応しています。




 
 SenseMI technology

SenseMI technology

最高で合計6個のNVMeディスクを搭載したRyzen™ Threadripper™プロセッサーなら、最高の速度または堅牢な冗長性が実現します。 これだけではありません。 PCIe® 4.0サポートにより、2倍の帯域幅を利用できます。これは、AMD TRX40マザーボードのハイエンド・デスクトップ専用です。

この世界で最もパワフルなデスクトップ・プロセッサー1で、創造的なビジョンを実現してください。





最も骨の折れるプログラムも簡単に処理


大天幕にふさわしい品質で、メディアを制作、編集、微調整してください。 リソースを最も大量に消費するプログラムでも効果的に処理できるほどパワフルなプロセッサーで、VFX、モデリング、編集、トラッキング、マスタリングなど、創造プロセスのあらゆる段階を処理してください。
APEXX T3.04
new


APEXX T3ファミリは、要求の厳しい3Dコンテンツ作成ワークフローのための汎用プラットフォームです。 最大64Core/128Threadの驚異的な高速AMD Ryzen™Threadripper™プロセッサに加えて、コンパクトなBOXX 独自の筐体に大容量メモリ容量と最大3つのプロフェッショナルGPU搭載、SSD及びHDD ハードドライブスペースを備えており、クリエイターはより優れた一貫性のある性能でタスクをこなすことができます。

 

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

第3世代Ryzen™ Threadripper™プロセッサー




第3世代Ryzen™ Threadripper™プロセッサーは、最大64コア、128スレッドにより、クリエイティブ関連のワークロードを超高速に遂行することができます。また、最先端のPCIe® Gen 4.0接続をサポートする世界初のハイエンド・デスクトップ・プラットフォーム「AMD TRX40マザーボード」を採用。 この将来を見据えるパワフルかつスケーラブルなプラットフォーム4により、デスクトップ・プロセッサーで最大限のI/Oと拡張が実現します。本格的なマルチGPUとNVMeアレイに対応しています。




 
 SenseMI technology

SenseMI technology

最高で合計6個のNVMeディスクを搭載したRyzen™ Threadripper™プロセッサーなら、最高の速度または堅牢な冗長性が実現します。 これだけではありません。 PCIe® 4.0サポートにより、2倍の帯域幅を利用できます。これは、AMD TRX40マザーボードのハイエンド・デスクトップ専用です。

この世界で最もパワフルなデスクトップ・プロセッサー1で、創造的なビジョンを実現してください。





最も骨の折れるプログラムも簡単に処理


大天幕にふさわしい品質で、メディアを制作、編集、微調整してください。 リソースを最も大量に消費するプログラムでも効果的に処理できるほどパワフルなプロセッサーで、VFX、モデリング、編集、トラッキング、マスタリングなど、創造プロセスのあらゆる段階を処理してください。
APEXX W8R
new

APEXX 8Rは、GPUアクセラレーションレンダリングの理想的なプラットフォームです。  APEXX 8Rはプロフェッショナルの ハイパフォーマンスなNVIDIA®Quadro™またはAMD®Radeon Pro™グラフィックスカード用のスペースを備え、堅牢なインテル®Xeon Wプロセッサを搭載、BOXX のシングルCPUサーバソリューションによって高密度なGPUコンピューティングシステムをもたらします 。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

独自の技術で1ソケットCPUでGPUサーバーを実現



堅牢なインテル®Xeon®Wプロセッサを搭載したAPEXX W8R は、さまざまなプロフェッショナル・アプリケーションに最適です。 不要なCPUデバイスを排除することで、GPU中心ワークフローのROIを最大化します。 最大8つのGPUをサポートするAPEXX W8Rクラスは、レンダリング、マルチディスプレイ、および深い学習環境において堅固なパフォーマンスと信頼性を提供します。
 

BOXX 独自のスイッチエキスパンダー搭載





BOXXは可能な限り技術を最大限に活用することを強く信じており、GPUとGPUアクセラレータも例外ではありません。 PCIe Gen3 x16リンクの場合、通常、他のGPUとマルチ接続にはPCIe接続には制約があります。BOXXの独自のスイッチエキスパンダー技術により、複数のPCIe x16 Gen3カードを1つのルートハブに拡張してピアリングすることができ、最大のPCIe帯域幅をカード間通信に利用できるようになります。

独自のスイッチエキスパンダーはGPUが同じバス上にあるかのように通信することができます。 ホストメモリにバウンスバッファを必要とするか、システム内の他のデバイスに対処できなかったためにGPU DMAエンジンを未使用のままにしていました。 これにより、GPU間の一貫したパフォーマンスレベルを維持しながら、カード間の待ち時間を短縮します。

最大のGPUオファリングをサポート

BOXXは技術パートナーと緊密に協力して、お客様のアプリケーションに最も幅広いサービスを提供しています。 GX8シリーズは、GPUレンダリングはもちろんディープラーニング展開向けに特別に設計されたNVIDIATesla®V100やAMD Radeon Instinct™アクセラレータなどに利用可能なGPUアクセラレータを含む主要メーカーのプロフェッショナルカードとコンシューマカードの両方をサポートします。


大容量冗長化電源によりマルチGPU搭載を実現

PEXX W8Rは、最大8基のハイパフォーマンスなGPUアクセラレータを4基の冗長化電源ユニット構成によって安定した稼働実現できる電源環境を備えております。
そのため、AC200V及び100V入力が可能で AC100v入力時 1電源ユニット当たり1000W で最大消費電力 4000W(非冗長化時)で大容量電流を必要とするマルチGPU環境を実現いたします。


APEXX W8R
new

APEXX 8Rは、GPUアクセラレーションレンダリングの理想的なプラットフォームです。  APEXX 8Rはプロフェッショナルの ハイパフォーマンスなNVIDIA®Quadro™またはAMD®Radeon Pro™グラフィックスカード用のスペースを備え、堅牢なインテル®Xeon Wプロセッサを搭載、BOXX のシングルCPUサーバソリューションによって高密度なGPUコンピューティングシステムをもたらします 。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

独自の技術で1ソケットCPUでGPUサーバーを実現



堅牢なインテル®Xeon®Wプロセッサを搭載したAPEXX W8R は、さまざまなプロフェッショナル・アプリケーションに最適です。 不要なCPUデバイスを排除することで、GPU中心ワークフローのROIを最大化します。 最大8つのGPUをサポートするAPEXX W8Rクラスは、レンダリング、マルチディスプレイ、および深い学習環境において堅固なパフォーマンスと信頼性を提供します。
 

BOXX 独自のスイッチエキスパンダー搭載





BOXXは可能な限り技術を最大限に活用することを強く信じており、GPUとGPUアクセラレータも例外ではありません。 PCIe Gen3 x16リンクの場合、通常、他のGPUとマルチ接続にはPCIe接続には制約があります。BOXXの独自のスイッチエキスパンダー技術により、複数のPCIe x16 Gen3カードを1つのルートハブに拡張してピアリングすることができ、最大のPCIe帯域幅をカード間通信に利用できるようになります。

独自のスイッチエキスパンダーはGPUが同じバス上にあるかのように通信することができます。 ホストメモリにバウンスバッファを必要とするか、システム内の他のデバイスに対処できなかったためにGPU DMAエンジンを未使用のままにしていました。 これにより、GPU間の一貫したパフォーマンスレベルを維持しながら、カード間の待ち時間を短縮します。

最大のGPUオファリングをサポート

BOXXは技術パートナーと緊密に協力して、お客様のアプリケーションに最も幅広いサービスを提供しています。 GX8シリーズは、GPUレンダリングはもちろんディープラーニング展開向けに特別に設計されたNVIDIATesla®V100やAMD Radeon Instinct™アクセラレータなどに利用可能なGPUアクセラレータを含む主要メーカーのプロフェッショナルカードとコンシューマカードの両方をサポートします。


大容量冗長化電源によりマルチGPU搭載を実現

PEXX W8Rは、最大8基のハイパフォーマンスなGPUアクセラレータを4基の冗長化電源ユニット構成によって安定した稼働実現できる電源環境を備えております。
そのため、AC200V及び100V入力が可能で AC100v入力時 1電源ユニット当たり1000W で最大消費電力 4000W(非冗長化時)で大容量電流を必要とするマルチGPU環境を実現いたします。


APEXX W8R
new

APEXX 8Rは、GPUアクセラレーションレンダリングの理想的なプラットフォームです。  APEXX 8Rはプロフェッショナルの ハイパフォーマンスなNVIDIA®Quadro™またはAMD®Radeon Pro™グラフィックスカード用のスペースを備え、堅牢なインテル®Xeon Wプロセッサを搭載、BOXX のシングルCPUサーバソリューションによって高密度なGPUコンピューティングシステムをもたらします 。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

独自の技術で1ソケットCPUでGPUサーバーを実現



堅牢なインテル®Xeon®Wプロセッサを搭載したAPEXX W8R は、さまざまなプロフェッショナル・アプリケーションに最適です。 不要なCPUデバイスを排除することで、GPU中心ワークフローのROIを最大化します。 最大8つのGPUをサポートするAPEXX W8Rクラスは、レンダリング、マルチディスプレイ、および深い学習環境において堅固なパフォーマンスと信頼性を提供します。
 

BOXX 独自のスイッチエキスパンダー搭載





BOXXは可能な限り技術を最大限に活用することを強く信じており、GPUとGPUアクセラレータも例外ではありません。 PCIe Gen3 x16リンクの場合、通常、他のGPUとマルチ接続にはPCIe接続には制約があります。BOXXの独自のスイッチエキスパンダー技術により、複数のPCIe x16 Gen3カードを1つのルートハブに拡張してピアリングすることができ、最大のPCIe帯域幅をカード間通信に利用できるようになります。

独自のスイッチエキスパンダーはGPUが同じバス上にあるかのように通信することができます。 ホストメモリにバウンスバッファを必要とするか、システム内の他のデバイスに対処できなかったためにGPU DMAエンジンを未使用のままにしていました。 これにより、GPU間の一貫したパフォーマンスレベルを維持しながら、カード間の待ち時間を短縮します。

最大のGPUオファリングをサポート

BOXXは技術パートナーと緊密に協力して、お客様のアプリケーションに最も幅広いサービスを提供しています。 GX8シリーズは、GPUレンダリングはもちろんディープラーニング展開向けに特別に設計されたNVIDIATesla®V100やAMD Radeon Instinct™アクセラレータなどに利用可能なGPUアクセラレータを含む主要メーカーのプロフェッショナルカードとコンシューマカードの両方をサポートします。


大容量冗長化電源によりマルチGPU搭載を実現

PEXX W8Rは、最大8基のハイパフォーマンスなGPUアクセラレータを4基の冗長化電源ユニット構成によって安定した稼働実現できる電源環境を備えております。
そのため、AC200V及び100V入力が可能で AC100v入力時 1電源ユニット当たり1000W で最大消費電力 4000W(非冗長化時)で大容量電流を必要とするマルチGPU環境を実現いたします。


NVIDIA RTX  A5000
new

NVIDIA RTX™ A5000 グラフィックス カードはパワー、パフォーマンス、信頼性のバランスが完璧にとれており、複雑なワークフローに対応できます。このカードでデスクトップからイノベーションを先導しましょう。最新の NVIDIA Ampere アーキテクチャに基づいて構築され、24 ギガバイト (GB) の GPU メモリを搭載したこのカードは、デザイナー、エンジニア、アーティストが未来のビジョンを今、実現するために必要なものをすべて備えています。

NVIDIARTX A5000は、最適化された電力範囲内で、高性能なリアルタイム・レイトレーシング、AIで加速された計算、およびプロフェッショナルなグラフィックス・レンダリングを提供する、最もバランスのとれたワークステーション用GPUです。Turing GPUからの主要なSMの強化に基づき、NVIDIA Ampereアーキテクチャは、レイトレーシング演算、テンソルマトリックス演算、およびFP32とINT32演算の同時実行を強化しています。FP32およびINT32演算の同時実行を強化しています。

 

■ デジタルデザインワークフローのパフォーマンスを大幅に向上


NVIDIA Ampereアーキテクチャにより様々なアプリケーションで前モデルを上回る性能を得ることができます。



 

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

NVIDIA RTX  A4000
new

NVIDIA RTX™ A4000 はプロフェッショナルのための非常にパワフルなシングルスロット GPU であり、リアルタイム レイ トレーシング、AI アクセラレーテッド コンピューティング、高性能グラフィックスのパフォーマンスをデスクトップに届けます。さまざまなシステムに適合し制限なく作業できるソリューションで、次世代製品の設計、未来の都市景観のデザイン、臨場感あふれるエンターテインメント体験の制作を行えます。

NVIDIA RTX A4000は、プロフェッショナル向けの最もパワフルなシングルスロットGPUで、リアルタイムのレイトレーシング、AIで加速された計算、および高性能なグラフィックスパフォーマンスを提供します。NVIDIA Ampereアーキテクチャをベースに構築されたRTX A4000は、最新世代のRTコア、Tensorコア、コアと16GBのグラフィックスメモリを組み合わせています。また、電力効率に優れたシングルスロットの PCIeのシングルスロットフォームファクタは、さまざまなワークステーションの筐体にフィットし、卓越した仕事を制限なく行うことができるでしょう。



■ デジタルデザインワークフローのパフォーマンスを大幅に向上

NVIDIA Ampereアーキテクチャにより様々なアプリケーションで前モデルを上回る性能を得ることができます。



 

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

NVIDIA RTX A6000
osusume

NVIDIA® RTX™ A6000は 単精度浮動小数点 (FP32) 演算の倍速処理および改善された電力効率により、デスクトップで複雑な 3D のコンピューター支援設計 (CAD) とコンピューター支援エンジニアリング (CAE) などのグラフィックスやシミュレーションのワークフローに適した驚異的なパフォーマンス向上を実現します。

前世代に比べて 2 倍のスループットと、シェーディングやノイズ除去機能と共にレイ トレーシングを並行して実行する能力を備えた第 2 世代 RT コアにより、動画コンテンツの写真のようにリアルなレンダリング、建築デザインの評価、製品デザインの仮想プロトタイプなどのワークロードのための大幅な高速化を実現します。このテクノロジは、より優れた視覚的正確さでより速い結果をもたらすためのレイ トレーシングによるモーション ブラーのレンダリングも高速化します。

また、新しい Tensor Float 32 (TF32) 演算により、前世代に比べて 5 倍のトレーニング スループットを提供。コード変更無くAI およびデータ サイエンスのモデル トレーニングを高速化します。構造化スパース性に対応するハードウェアにより推論スループットを 2 倍にし、DLSS、AI ノイズ除去、特定のアプリケーション向けの拡張編集などの機能を備えたグラフィックスにも AI をもたらします。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

Quadro RTX 8000

NVIDIA Turing アーキテクチャ と、NVIDIA RTX™ プラットフォームを搭載したNVIDIA® Quadro RTX™シリーズ は、コンピューター グラフィックスの世界における、この10 年で最大の進歩をプロフェッショナルのワークフローにもたらします。デザイナーやアーティストはハードウェアで加速されたレイ トレーシング、ディープラーニング、高度なシェーディングのパワーを操り、生産性を劇的に上げ、驚異的なコンテンツをかつてない速さで制作できます。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

Quadro RTX 6000

NVIDIA Turing アーキテクチャ と、NVIDIA RTX™ プラットフォームを搭載したNVIDIA® Quadro RTX™シリーズ は、コンピューター グラフィックスの世界における、この10 年で最大の進歩をプロフェッショナルのワークフローにもたらします。デザイナーやアーティストはハードウェアで加速されたレイ トレーシング、ディープラーニング、高度なシェーディングのパワーを操り、生産性を劇的に上げ、驚異的なコンテンツをかつてない速さで制作できます。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

Quadro RTX 5000

NVIDIA Turing アーキテクチャ と、NVIDIA RTX™ プラットフォームを搭載したNVIDIA® Quadro RTX™シリーズ は、コンピューター グラフィックスの世界における、この10 年で最大の進歩をプロフェッショナルのワークフローにもたらします。デザイナーやアーティストはハードウェアで加速されたレイ トレーシング、ディープラーニング、高度なシェーディングのパワーを操り、生産性を劇的に上げ、驚異的なコンテンツをかつてない速さで制作できます。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

APEXX Special Edition-limited time
new

APEXX Special Edition(SE)は、プロフェッショナルにオーバークラックされたIntel Core i7-8086K限定版プロセッサを搭載した世界最速のワークステーションで、6つのコア全体で5.0GHzに達することができます(BOXXのみ)。 メタリックブルーのシャーシ内にあるAPEXX SEは、最大3つのプロフェッショナルグラフィックスカードをサポートしているため、CAD設計、3Dモデリング、その他のクリエイティブワークフローに最適です。
*本製品は限定モデルにつき予告なく販売終了となる場合がございますので予めご了承ください。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

EXPLORE THE NEW S-CLAS WORKSTATION




新しいBOXX APEXX Sクラスワークステーションは、プロフェッショナルにオーバークロックされた世界最速のプロセッサーによって駆動され、新しく設計されたオリジナルシャーシに収容されています。 BOXXの先進的な液体冷却設計により高速な5.0GHzの動作速度で高性能を維持しつつ筐体内を安全で安定した温度で保ちながら静音動作を実現します。 また、Sクラス・シリーズはBTOにる構成オプションによっては最大3つのプロフェッショナルGPUをサポートしながら、内部に3.5 HDDでの大容量ストレージを最大2基格納するスペースもあります。
HISTORIC

HISTORIC

Intelとの特別なパートナーシップのおかげで、BOXXは、x86アーキテクチャを開始したIntelプロセッサである8086の創立40周年を記念して、歴史的な第8世代Intel Core i7 8086K Limited Editionプロセッサを提供しています。
また、歴史的なAPEXX Special Editionについては、プロフェッショナルに5.0GHzにオーバークロックされた最初のBOXXワークステーションです。
競合他社からもそのレベルのパフォーマンスを得ることはできません。 なお、APEXX SEは、限定期期間で提供しております。

We told you it was special. Order your APEXX SE today.

FOR SPECIAL  WORKFLOWS . . .  LIKE YOURS.



軽くスレッド化された3Dコンテンツ作成ツールは、プロセッサの周波数によって制限されます。 クロックスピードが速ければ処理スピードが速くなります。
プロフェッショナルで5.0GHzにオーバークロックされたAPEXX SEは、以下のようなでユーザーで性能を発揮します。
 

  • ワークフローを加速しようとする専門家
  • シングルスレッドアプリケーション
  • 3Dアニメーション、モデリング、およびCAD設計
  • 2D画像処理
APEXXD5
ninki

APEXX D5は、最も進化したワークステーションプラットフォームです。 最大5つのGPUをサポートし、最大56コアのデュアルインテル®Xeon SPプロセッサーを搭載したAPEXX D5は、さまざまなプロフェッショナル・ワークフローをサポートできます。 多彩なAPEXX D5は、複雑なレンダリング、ブロードキャストグラフィックス、マルチディスプレイウォール、深いニューラルネットワークのトレーニングなど、多種多様なプロフェッショナルワークフローに対応できます.

また、第 2 世代インテル ® Xeon® スケーラブル・プロセッサー搭載により、インテル ® Xeon® Silver プロセッサーやインテル ® Xeon® Gold プロセッサーをベースとするシステムに、圧倒的なパフォーマンス向上と総保有コスト低減のメリットを提供すると同時に、重要な刷新のチャンスを作り出します。オリジナルのインテル ® Xeon® スケーラブル・プラットフォームは、インテル ® Xeon® Platinum プロセッサーをベースとするシステムに、極めて高いパフォーマンスと総保有コスト低減のメリットをもたらしました。第 2 世代でも引き続き、同様にパフォーマンス向上を提供します。

第 2 世代インテル ® Xeon® スケーラブル・プロセッサー 仕様

 

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

第2世代 インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーファミリーを搭載




APEXX D5は、 1 ソケット当たり最大28 コア、デュアルソケットで56コア のメニーコアを実現、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーにより、実用的なインサイトを導き出し、ハードウェアベースのセキュリティーを活用して、ダイナミックなサービスデリバリーを展開できます。高解像度映像データの編集において圧倒的にCPUレンダリング時間の大幅な短縮、リアルタイムプレビューを実現させ、編集のストレスを低減し効率的な映像制作のワークフローを容易にさせます。


第 2 世代インテル ® Xeon® スケーラブル・プロセッサーの新機能

• 向上したターボ時周波数、最大 4.40 GHz
• メモリーサポートの強化
  -インテル ® Optane ™ DC パーシステント ・ メモリー対応
  -強化された DDR4 パフォーマンスのサポート
• インテル ® ディープラーニング・ブースト (VNNI) による AI アクセラレーション
• 内蔵のコア・セキュリティー機能の基盤、インテル ® セキュリティー・エッセンシャル
• 強化されたインテル ® Infrastructure Management Technologies
• 統合されたハードウェアベースのセキュリティーとリスク軽減

第 2 世代インテル ® Xeon® スケーラブル・プロセッサーは、インテル ® Xeon® Silver プロセッサーやインテル ® Xeon® Gold プロセッサーをベースとするシステムに、圧倒的なパフォーマンス向上と総保有コスト低減のメリットを提供すると同時に、重要な刷新のチャンスを作り出します。
オリジナルのインテル ® Xeon® スケーラブル・プラットフォームは、インテル ® Xeon® Platinum プロセッサーをベースとするシステムに、極めて高いパフォーマンスと総保有コスト低減のメリットをもたらしました。第 2 世代でも引き続き、同様にパフォーマンス向上を提供します。



 

プロフェッショナル GPU最大5基搭載可能

高性能な3D CG、CAD向けプロフェッショナルGPUを 最大5基数搭載可能な拡張スロットを装備。加えて1スロット仕様のグラフィックスも搭載を可能にさせました。
マルチGPUに対応したアプリケーションを利用することで GPU機能を最大限利用してアプリケーションのパフォーマンスを強化する事ができ、コンピュータグラフィックの制御と出力が効率的に行われます。
*ご利用には最大消費電力の考慮が必要です。
また、グラフィックスカード以外にもオプションで、I/Fカード、キャプチャーカード、Synカード、高速なPCI-Express SSD、などの各種の拡張カードの追加にも対応しておりますので様々な利用シーンを持つことができ利用価値を高めています。







 

高解像度映像出力で表現力を高めます。

       
APEXX D5は映像制作現場で利用されるAdobe CreativeCloud, や Blackmagic DaVinci Resolvehなどに最適な GPUコンピューティングプラットフォーム を活用することで4Kなどの高解像度映像をインタラクティブなリアルタイム編集、映像制作とレンダリング済みの最終エクスポートで最高なパフォーマンスを提供することができます。


GPU のパワーを増大し続け、もっと多くの人々がレイ トレーシングを利用できるようにすることが、必然的に次のステップとなります。たとえば、Autodesk の Arnold、Chaos Group の V-Ray、Pixar の Renderman などのツールと強力な GPU により、製品デザイナーや建築家は、レイ トレーシングを使用して、数秒間で写真のようにリアルな製品の実物大模型を生成して、コラボレーションを改善し、コストの高い試作品の作成を省略できるようになります。




さらに、 8K(7,680×4,320)や4K 非圧縮データーなどの高解像で制作された映像出力も可能、最先端の高解像映像でビジュアルソリューション構築に最適なシステムをご提供いたします。




 
高解像度映像出力で表現力を高めます。
柔軟なストレージ環境構築を実現

柔軟なストレージ環境構築を実現

APEXX D5はCPU及びGPUによる高い処理能力に加えて、ストレージ環境も柔軟に拡張を可能にさせます。
最大5基の3.5インチドライブベイとSSDベイ2基を内蔵。8TBHDD搭載で最大40TB 、SSD利用時 最大12台 46TBまでのストレージ構成をRAID構成でご提供を可能にさせ、さらにM.2 NVMeストレージ、PCI-Express SSD NVMeストレージを利用することができ、BTOにてオンボードもしくは拡張カードを利用して各種RAID設定を行うことが可能です。
*カスタマイズによるシステム構成によっては各種構成制約により搭載できない場合がございます。

独自の静音冷却機構

これまでの経験や実績を活した米国BOXXで開発されたオリジナル筺体は、グレードアップ時の高い拡張性や部品交換時に高いメンテナンス性を設計に加えてユーザーがシステムの高性能を最大限発揮するためのエアーフローを考慮された設計です。

さらに、冷却性能を高めるため、全のモデルに水冷冷却ユニットを採用。
高クロック、マルチコアCPUを確実に冷却させるために高い熱伝導効率を誇る銅を採用し、CPUから発生した熱を効果的にクーラント液へ伝え、優れた冷却性と静音性を発揮しMTBF 50,000時間のミッションクリティカルレベルの本ユニットは劣化に強く水漏れや揮発の心配がなく、ラジエターの冷却には山洋製 FANを採用するなど耐久性を考慮しており、これまで他にはない構造に感動されるでしょう。
独自の静音冷却機構
APEXXD5
new

APEXX D5は、最も進化したワークステーションプラットフォームです。 最大5つのGPUをサポートし、最大56コアのデュアルインテル®Xeon SPプロセッサーを搭載したAPEXX D5は、さまざまなプロフェッショナル・ワークフローをサポートできます。 多彩なAPEXX D5は、複雑なレンダリング、ブロードキャストグラフィックス、マルチディスプレイウォール、深いニューラルネットワークのトレーニングなど、多種多様なプロフェッショナルワークフローに対応できます。


また、第 2 世代インテル ® Xeon® スケーラブル・プロセッサーは、インテル ® Xeon® Silver プロセッサーやインテル ® Xeon® Gold プロセッサーをベースとするシステムに、圧倒的なパフォーマンス向上と総保有コスト低減のメリットを提供すると同時に、重要な刷新のチャンスを作り出します。
オリジナルのインテル ® Xeon® スケーラブル・プラットフォームは、インテル ® Xeon® Platinum プロセッサーをベースとするシステムに、極めて高いパフォーマンスと総保有コスト低減のメリットをもたらしました。第 2 世代でも引き続き、同様にパフォーマンス向上を提供します。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーファミリーを搭載





APEXX D5は、 1 ソケット当たり最大28 コア、デュアルソケットで56コア のメニーコアを実現、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーにより、実用的なインサイトを導き出し、ハードウェアベースのセキュリティーを活用して、ダイナミックなサービスデリバリーを展開できます。高解像度映像データの編集において圧倒的にCPUレンダリング時間の大幅な短縮、リアルタイムプレビューを実現させ、編集のストレスを低減し効率的な映像制作のワークフローを容易にさせます。

 

プロフェッショナル GPU最大5基搭載可能

高性能な3D CG、CAD向けプロフェッショナルGPUを 最大5基数搭載可能な拡張スロットを装備。加えて1スロット仕様のグラフィックスも搭載を可能にさせました。
マルチGPUに対応したアプリケーションを利用することで GPU機能を最大限利用してアプリケーションのパフォーマンスを強化する事ができ、コンピュータグラフィックの制御と出力が効率的に行われます。
*ご利用には最大消費電力の考慮が必要です。
また、グラフィックスカード以外にもオプションで、I/Fカード、キャプチャーカード、Synカード、高速なPCI-Express SSD、などの各種の拡張カードの追加にも対応しておりますので様々な利用シーンを持つことができ利用価値を高めています。





 

高解像度映像出力で表現力を高めます。

       
APEXX D5は映像制作現場で利用されるAdobe CreativeCloud, や Blackmagic DaVinci Resolvehなどに最適な GPUコンピューティングプラットフォーム を活用することで4Kなどの高解像度映像をインタラクティブなリアルタイム編集、映像制作とレンダリング済みの最終エクスポートで最高なパフォーマンスを提供することができます。


GPU のパワーを増大し続け、もっと多くの人々がレイ トレーシングを利用できるようにすることが、必然的に次のステップとなります。たとえば、Autodesk の Arnold、Chaos Group の V-Ray、Pixar の Renderman などのツールと強力な GPU により、製品デザイナーや建築家は、レイ トレーシングを使用して、数秒間で写真のようにリアルな製品の実物大模型を生成して、コラボレーションを改善し、コストの高い試作品の作成を省略できるようになります。




さらに、 8K(7,680×4,320)や4K 非圧縮データーなどの高解像で制作された映像出力も可能、最先端の高解像映像でビジュアルソリューション構築に最適なシステムをご提供いたします。




 
高解像度映像出力で表現力を高めます。
柔軟なストレージ環境構築を実現

柔軟なストレージ環境構築を実現

APEXX D5はCPU及びGPUによる高い処理能力に加えて、ストレージ環境も柔軟に拡張を可能にさせます。
最大5基の3.5インチドライブベイとSSDベイ2基を内蔵。8TBHDD搭載で最大40TB 、SSD利用時 最大12台 46TBまでのストレージ構成をRAID構成でご提供を可能にさせ、さらにM.2 NVMeストレージ、PCI-Express SSD NVMeストレージを利用することができ、BTOにてオンボードもしくは拡張カードを利用して各種RAID設定を行うことが可能です。
*カスタマイズによるシステム構成によっては各種構成制約により搭載できない場合がございます。

独自の静音冷却機構

これまでの経験や実績を活した米国BOXXで開発されたオリジナル筺体は、グレードアップ時の高い拡張性や部品交換時に高いメンテナンス性を設計に加えてユーザーがシステムの高性能を最大限発揮するためのエアーフローを考慮された設計です。

さらに、冷却性能を高めるため、全のモデルに水冷冷却ユニットを採用。
高クロック、マルチコアCPUを確実に冷却させるために高い熱伝導効率を誇る銅を採用し、CPUから発生した熱を効果的にクーラント液へ伝え、優れた冷却性と静音性を発揮しMTBF 50,000時間のミッションクリティカルレベルの本ユニットは劣化に強く水漏れや揮発の心配がなく、ラジエターの冷却には山洋製 FANを採用するなど耐久性を考慮しており、これまで他にはない構造に感動されるでしょう。
独自の静音冷却機構
APEXXD5
ninki

APEXX D5は、最も進化したワークステーションプラットフォームです。 最大5つのGPUをサポートし、最大56コアのデュアルインテル®Xeon SPプロセッサーを搭載したAPEXX D5は、さまざまなプロフェッショナル・ワークフローをサポートできます。 多彩なAPEXX D5は、複雑なレンダリング、ブロードキャストグラフィックス、マルチディスプレイウォール、深いニューラルネットワークのトレーニングなど、多種多様なプロフェッショナルワークフローに対応できます.
 

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

第2世代 インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーファミリーを搭載




APEXX D5は、 1 ソケット当たり最大28 コア、デュアルソケットで56コア のメニーコアを実現、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーにより、実用的なインサイトを導き出し、ハードウェアベースのセキュリティーを活用して、ダイナミックなサービスデリバリーを展開できます。高解像度映像データの編集において圧倒的にCPUレンダリング時間の大幅な短縮、リアルタイムプレビューを実現させ、編集のストレスを低減し効率的な映像制作のワークフローを容易にさせます。

 

プロフェッショナル GPU最大5基搭載可能

高性能な3D CG、CAD向けプロフェッショナルGPUを 最大5基数搭載可能な拡張スロットを装備。加えて1スロット仕様のグラフィックスも搭載を可能にさせました。
マルチGPUに対応したアプリケーションを利用することで GPU機能を最大限利用してアプリケーションのパフォーマンスを強化する事ができ、コンピュータグラフィックの制御と出力が効率的に行われます。
*ご利用には最大消費電力の考慮が必要です。
また、グラフィックスカード以外にもオプションで、I/Fカード、キャプチャーカード、Synカード、高速なPCI-Express SSD、などの各種の拡張カードの追加にも対応しておりますので様々な利用シーンを持つことができ利用価値を高めています。







 

高解像度映像出力で表現力を高めます。

       
APEXX D5は映像制作現場で利用されるAdobe CreativeCloud, や Blackmagic DaVinci Resolvehなどに最適な GPUコンピューティングプラットフォーム を活用することで4Kなどの高解像度映像をインタラクティブなリアルタイム編集、映像制作とレンダリング済みの最終エクスポートで最高なパフォーマンスを提供することができます。


GPU のパワーを増大し続け、もっと多くの人々がレイ トレーシングを利用できるようにすることが、必然的に次のステップとなります。たとえば、Autodesk の Arnold、Chaos Group の V-Ray、Pixar の Renderman などのツールと強力な GPU により、製品デザイナーや建築家は、レイ トレーシングを使用して、数秒間で写真のようにリアルな製品の実物大模型を生成して、コラボレーションを改善し、コストの高い試作品の作成を省略できるようになります。




さらに、 8K(7,680×4,320)や4K 非圧縮データーなどの高解像で制作された映像出力も可能、最先端の高解像映像でビジュアルソリューション構築に最適なシステムをご提供いたします。




 
高解像度映像出力で表現力を高めます。
柔軟なストレージ環境構築を実現

柔軟なストレージ環境構築を実現

APEXX D5はCPU及びGPUによる高い処理能力に加えて、ストレージ環境も柔軟に拡張を可能にさせます。
最大5基の3.5インチドライブベイとSSDベイ2基を内蔵。8TBHDD搭載で最大40TB 、SSD利用時 最大12台 46TBまでのストレージ構成をRAID構成でご提供を可能にさせ、さらにM.2 NVMeストレージ、PCI-Express SSD NVMeストレージを利用することができ、BTOにてオンボードもしくは拡張カードを利用して各種RAID設定を行うことが可能です。
*カスタマイズによるシステム構成によっては各種構成制約により搭載できない場合がございます。

独自の静音冷却機構

これまでの経験や実績を活した米国BOXXで開発されたオリジナル筺体は、グレードアップ時の高い拡張性や部品交換時に高いメンテナンス性を設計に加えてユーザーがシステムの高性能を最大限発揮するためのエアーフローを考慮された設計です。

さらに、冷却性能を高めるため、全のモデルに水冷冷却ユニットを採用。
高クロック、マルチコアCPUを確実に冷却させるために高い熱伝導効率を誇る銅を採用し、CPUから発生した熱を効果的にクーラント液へ伝え、優れた冷却性と静音性を発揮しMTBF 50,000時間のミッションクリティカルレベルの本ユニットは劣化に強く水漏れや揮発の心配がなく、ラジエターの冷却には山洋製 FANを採用するなど耐久性を考慮しており、これまで他にはない構造に感動されるでしょう。
独自の静音冷却機構
renderBOXX D
new

新しくデザインされたrenderBOXXレンダリングボックスは、4つの個別レンダリング・ノードに高性能なデュアル インテル®Xeon®スケーラブル・プロセッサーを搭載で構成されます。 4つのノードは2Uラックマウントサーバー筐体に収容、ノード合計で最大224コア(448スレッド)で高密度な計算が利用でき、複雑なビジュアライゼーションや3Dアニメーションを作成する為のレンダリング時間を大幅に短縮します。

 

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

革新的なマイクロアーキテクチャ Skylakeを採用




マイクロアーキテクチャをSkylake世代に刷新

前世代と比較して、Xeon Processor Scalable Familyは、CPU内部のコアやキャッシュ、メモリコントローラを網目のように配置するメッシュ構造とすることで、CPUコア間やメモリコントローラなどとの間において短い経路でデータ転送が可能になる。これにより、バンド幅の増加やレイテンシの低減、電力消費の削減が実現できるほか、コアの増加したときの、電力消費やレイテンシの増大も抑えらております。

さらに、エンコードやレンダリングワークフローにおいて高い効果を持つAVX-512命令をサポートし演算機能を強化、AVX-512の利用頻度でそれぞれ動作クロックを調節を行いつつ、動作クロックの調整は各コアで独立して行われる。IntelはAVX-512によって、性能と効率の両方を大幅に向上、前世代のマイクロアーキテクチャとの比較した場合同じ周波数で比べた場合、コア当たり10%の性能向上しています。


SILVER


インテル®Xeon®Silverプロセッサは、中規模および大規模なIT組織向けに最適化されたデータセンターのコンピューティング、ネットワーク、およびストレージに必要な、ハードウェアの強化されたパフォーマンスとセキュリティを提供します。
 
16Core  Xeon Silver 4108(8Core x2CPU )  1.8GHz/TurboBoost 3.0GHz L3= 11MB TDP85W
16Core  Xeon Silver 4110(8Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.0GHz L3= 11MB TDP85W 
8Core  Xeon Silver 4112(4Core x2CPU )  2.6GHz/TurboBoost 3.0GHz L3= 8.25MB TDP85W 
20Core  Xeon Silver 4114(10Core x2CPU )  2.2GHz/TurboBoost 3.0GHz L3=13.75MB TDP85W 
24Core  Xeon Silver 4116(12Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.0GHz L3=16.5MB TDP85W 

CPU cores: Up to 12 




GOLD


インテル®Xeon®Goldプロセッサーは、データセンター、ハイブリッドクラウド、ネットワーク、およびストレージワークロードの要求に最適化された高性能で高度な信頼性とハードウェア強化のセキュリティーを提供します。
 
28Core  Xeon Gold 5120(14Core x2CPU )  2.2GHz/TurboBoost 3.2GHz L3=19.25MB TDP105W
8Core  Xeon Gold 5122(4Core x2CPU )  3.6GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=16.5MB TDP105W 
12Core  Xeon Gold 6128(6Core x2CPU )  3.4GHz/TurboBoost 3.7GHzL3=19.25MB TDP115 W 
32Core  Xeon Gold 6130(16Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=22MB TDP125W 
16Core  Xeon Gold 6134(8Core x2CPU )  3.2GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=24.75MB TDP130W 
40Core  Xeon Gold 6138(20Core x2CPU )  2.0GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=27.5MB TDP125W 
36Core  Xeon Gold 6140(18Core x2CPU )  2.3GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=24.75MB TDP140W
32Core  Xeon Gold 6142(16Core x2CPU )  2.6GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=22MB TDP150W
40Core  Xeon Gold 6148(20Core x2CPU )  2.4GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=27.5MB L3 TDP150 W
44Core  Xeon Gold 6152(22Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=30.25MB TDP140W

CPU cores: Up to 22



PLATINUM


インテル®Xeon®Platinumプロセッサーは、ミッションクリティカルおよびハイブリッドクラウドのワークロード、リアルタイム分析、など、業界最高のパフォーマンスを提供し、I / O、メモリー、およびストレージにおける飛躍的な性能を実現します。
 
48Core  Xeon Platinum 8160(24Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=33MB TDP150W
52Core  Xeon Platinum 8164(26Core x2CPU )  2.0GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=35.75 MB TDP150W 
52Core  Xeon Platinum 8170(26Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=35.75 MB TDP165W 
56Core  Xeon Platinum 8176(28Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.8GHz L3=38.5 MB TDP165W 
56Core  Xeon Platinum 8180(28Core x2CPU )  2.5GHz/TurboBoost 3.8GHz L3=38.5 MB TDP205W

CPU cores: Up to 28




 

豊富な標準機能

ストレージ
1ノード毎 6台 2.5インチ/SSD 搭載可能
フロントアクセスで ストレージアクセスが可能




筐体
2Uサイズ 4ノードの高密度設計
コールドスワップで ノード毎のメンテナンスが可能



拡張カード
PCI-Express 搭載によりロープロファイル・グラフィックス及び拡張カードが搭載可能
標準: デュアルギガビットイーサーネット オプションで 10Gbitイーサーネット及びインフィニバンド接続が可能

電源
冗長化電源でシステムを安定的に運用が可能です。
 
renderBOXX D
new

新しくデザインされたrenderBOXXレンダリングボックスは、4つの個別レンダリング・ノードに高性能なデュアル インテル®Xeon®スケーラブル・プロセッサーを搭載で構成されます。 4つのノードは2Uラックマウントサーバー筐体に収容、ノード合計で最大224コア(448スレッド)で高密度な計算が利用でき、複雑なビジュアライゼーションや3Dアニメーションを作成する為のレンダリング時間を大幅に短縮します。

 

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

革新的なマイクロアーキテクチャ Skylakeを採用




マイクロアーキテクチャをSkylake世代に刷新

前世代と比較して、Xeon Processor Scalable Familyは、CPU内部のコアやキャッシュ、メモリコントローラを網目のように配置するメッシュ構造とすることで、CPUコア間やメモリコントローラなどとの間において短い経路でデータ転送が可能になる。これにより、バンド幅の増加やレイテンシの低減、電力消費の削減が実現できるほか、コアの増加したときの、電力消費やレイテンシの増大も抑えらております。

さらに、エンコードやレンダリングワークフローにおいて高い効果を持つAVX-512命令をサポートし演算機能を強化、AVX-512の利用頻度でそれぞれ動作クロックを調節を行いつつ、動作クロックの調整は各コアで独立して行われる。IntelはAVX-512によって、性能と効率の両方を大幅に向上、前世代のマイクロアーキテクチャとの比較した場合同じ周波数で比べた場合、コア当たり10%の性能向上しています。


SILVER


インテル®Xeon®Silverプロセッサは、中規模および大規模なIT組織向けに最適化されたデータセンターのコンピューティング、ネットワーク、およびストレージに必要な、ハードウェアの強化されたパフォーマンスとセキュリティを提供します。
 
16Core  Xeon Silver 4108(8Core x2CPU )  1.8GHz/TurboBoost 3.0GHz L3= 11MB TDP85W
16Core  Xeon Silver 4110(8Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.0GHz L3= 11MB TDP85W 
8Core  Xeon Silver 4112(4Core x2CPU )  2.6GHz/TurboBoost 3.0GHz L3= 8.25MB TDP85W 
20Core  Xeon Silver 4114(10Core x2CPU )  2.2GHz/TurboBoost 3.0GHz L3=13.75MB TDP85W 
24Core  Xeon Silver 4116(12Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.0GHz L3=16.5MB TDP85W 

CPU cores: Up to 12 




GOLD


インテル®Xeon®Goldプロセッサーは、データセンター、ハイブリッドクラウド、ネットワーク、およびストレージワークロードの要求に最適化された高性能で高度な信頼性とハードウェア強化のセキュリティーを提供します。
 
28Core  Xeon Gold 5120(14Core x2CPU )  2.2GHz/TurboBoost 3.2GHz L3=19.25MB TDP105W
8Core  Xeon Gold 5122(4Core x2CPU )  3.6GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=16.5MB TDP105W 
12Core  Xeon Gold 6128(6Core x2CPU )  3.4GHz/TurboBoost 3.7GHzL3=19.25MB TDP115 W 
32Core  Xeon Gold 6130(16Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=22MB TDP125W 
16Core  Xeon Gold 6134(8Core x2CPU )  3.2GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=24.75MB TDP130W 
40Core  Xeon Gold 6138(20Core x2CPU )  2.0GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=27.5MB TDP125W 
36Core  Xeon Gold 6140(18Core x2CPU )  2.3GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=24.75MB TDP140W
32Core  Xeon Gold 6142(16Core x2CPU )  2.6GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=22MB TDP150W
40Core  Xeon Gold 6148(20Core x2CPU )  2.4GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=27.5MB L3 TDP150 W
44Core  Xeon Gold 6152(22Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=30.25MB TDP140W

CPU cores: Up to 22



PLATINUM


インテル®Xeon®Platinumプロセッサーは、ミッションクリティカルおよびハイブリッドクラウドのワークロード、リアルタイム分析、など、業界最高のパフォーマンスを提供し、I / O、メモリー、およびストレージにおける飛躍的な性能を実現します。
 
48Core  Xeon Platinum 8160(24Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=33MB TDP150W
52Core  Xeon Platinum 8164(26Core x2CPU )  2.0GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=35.75 MB TDP150W 
52Core  Xeon Platinum 8170(26Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=35.75 MB TDP165W 
56Core  Xeon Platinum 8176(28Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.8GHz L3=38.5 MB TDP165W 
56Core  Xeon Platinum 8180(28Core x2CPU )  2.5GHz/TurboBoost 3.8GHz L3=38.5 MB TDP205W

CPU cores: Up to 28




 

豊富な標準機能

ストレージ
1ノード毎 6台 2.5インチ/SSD 搭載可能
フロントアクセスで ストレージアクセスが可能




筐体
2Uサイズ 4ノードの高密度設計
コールドスワップで ノード毎のメンテナンスが可能



拡張カード
PCI-Express 搭載によりロープロファイル・グラフィックス及び拡張カードが搭載可能
標準: デュアルギガビットイーサーネット オプションで 10Gbitイーサーネット及びインフィニバンド接続が可能

電源
冗長化電源でシステムを安定的に運用が可能です。
 
renderBOXX D
new

新しくデザインされたrenderBOXXレンダリングボックスは、4つの個別レンダリング・ノードに高性能なデュアル インテル®Xeon®スケーラブル・プロセッサーを搭載で構成されます。 4つのノードは2Uラックマウントサーバー筐体に収容、ノード合計で最大224コア(448スレッド)で高密度な計算が利用でき、複雑なビジュアライゼーションや3Dアニメーションを作成する為のレンダリング時間を大幅に短縮します。

 

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

革新的なマイクロアーキテクチャ Skylakeを採用




マイクロアーキテクチャをSkylake世代に刷新

前世代と比較して、Xeon Processor Scalable Familyは、CPU内部のコアやキャッシュ、メモリコントローラを網目のように配置するメッシュ構造とすることで、CPUコア間やメモリコントローラなどとの間において短い経路でデータ転送が可能になる。これにより、バンド幅の増加やレイテンシの低減、電力消費の削減が実現できるほか、コアの増加したときの、電力消費やレイテンシの増大も抑えらております。

さらに、エンコードやレンダリングワークフローにおいて高い効果を持つAVX-512命令をサポートし演算機能を強化、AVX-512の利用頻度でそれぞれ動作クロックを調節を行いつつ、動作クロックの調整は各コアで独立して行われる。IntelはAVX-512によって、性能と効率の両方を大幅に向上、前世代のマイクロアーキテクチャとの比較した場合同じ周波数で比べた場合、コア当たり10%の性能向上しています。


SILVER


インテル®Xeon®Silverプロセッサは、中規模および大規模なIT組織向けに最適化されたデータセンターのコンピューティング、ネットワーク、およびストレージに必要な、ハードウェアの強化されたパフォーマンスとセキュリティを提供します。
 
16Core  Xeon Silver 4108(8Core x2CPU )  1.8GHz/TurboBoost 3.0GHz L3= 11MB TDP85W
16Core  Xeon Silver 4110(8Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.0GHz L3= 11MB TDP85W 
8Core  Xeon Silver 4112(4Core x2CPU )  2.6GHz/TurboBoost 3.0GHz L3= 8.25MB TDP85W 
20Core  Xeon Silver 4114(10Core x2CPU )  2.2GHz/TurboBoost 3.0GHz L3=13.75MB TDP85W 
24Core  Xeon Silver 4116(12Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.0GHz L3=16.5MB TDP85W 

CPU cores: Up to 12 




GOLD


インテル®Xeon®Goldプロセッサーは、データセンター、ハイブリッドクラウド、ネットワーク、およびストレージワークロードの要求に最適化された高性能で高度な信頼性とハードウェア強化のセキュリティーを提供します。
 
28Core  Xeon Gold 5120(14Core x2CPU )  2.2GHz/TurboBoost 3.2GHz L3=19.25MB TDP105W
8Core  Xeon Gold 5122(4Core x2CPU )  3.6GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=16.5MB TDP105W 
12Core  Xeon Gold 6128(6Core x2CPU )  3.4GHz/TurboBoost 3.7GHzL3=19.25MB TDP115 W 
32Core  Xeon Gold 6130(16Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=22MB TDP125W 
16Core  Xeon Gold 6134(8Core x2CPU )  3.2GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=24.75MB TDP130W 
40Core  Xeon Gold 6138(20Core x2CPU )  2.0GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=27.5MB TDP125W 
36Core  Xeon Gold 6140(18Core x2CPU )  2.3GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=24.75MB TDP140W
32Core  Xeon Gold 6142(16Core x2CPU )  2.6GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=22MB TDP150W
40Core  Xeon Gold 6148(20Core x2CPU )  2.4GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=27.5MB L3 TDP150 W
44Core  Xeon Gold 6152(22Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=30.25MB TDP140W

CPU cores: Up to 22



PLATINUM


インテル®Xeon®Platinumプロセッサーは、ミッションクリティカルおよびハイブリッドクラウドのワークロード、リアルタイム分析、など、業界最高のパフォーマンスを提供し、I / O、メモリー、およびストレージにおける飛躍的な性能を実現します。
 
48Core  Xeon Platinum 8160(24Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=33MB TDP150W
52Core  Xeon Platinum 8164(26Core x2CPU )  2.0GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=35.75 MB TDP150W 
52Core  Xeon Platinum 8170(26Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.7GHz L3=35.75 MB TDP165W 
56Core  Xeon Platinum 8176(28Core x2CPU )  2.1GHz/TurboBoost 3.8GHz L3=38.5 MB TDP165W 
56Core  Xeon Platinum 8180(28Core x2CPU )  2.5GHz/TurboBoost 3.8GHz L3=38.5 MB TDP205W

CPU cores: Up to 28




 

豊富な標準機能

ストレージ
1ノード毎 6台 2.5インチ/SSD 搭載可能
フロントアクセスで ストレージアクセスが可能




筐体
2Uサイズ 4ノードの高密度設計
コールドスワップで ノード毎のメンテナンスが可能



拡張カード
PCI-Express 搭載によりロープロファイル・グラフィックス及び拡張カードが搭載可能
標準: デュアルギガビットイーサーネット オプションで 10Gbitイーサーネット及びインフィニバンド接続が可能

電源
冗長化電源でシステムを安定的に運用が可能です。
 
APEXX X4.03
new


APEXX X 4は、最大のCPUコア数を要求されるワークフロー向けの費用対効果の高いプロフェッショナルワークステーションです。
高解像度な映像を編集する場合でも最先端のVR体験を展開する場合でも、最大4枚のプロフェッショナル グラフィックスカードと128GBのメモリをサポートするAPEXX X4は、複雑なプロダクションパイプラインでの極端なマルチテイクに理想的なプラットフォームです。また、標準で10GBイーサーネットを搭載、さらに、Thunderbolt3 オプションも用意して外部装置との親和性も高い製品です。


インテル® Core™ X  シリーズ 詳細

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

インテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー・ファミリー搭載





新Core Xシリーズは、最大18コアまでのプロセッサをラインナップ、クリエイターが編集やレンダリング、動画変換などを高速に実行できます。




パフォーマンスを最大化する
最新の長編映画やYouTube *シリーズの次のエピソードで作業している場合でも、ロックされていないインテル®Core™Xシリーズ・プロセッサーは、より高い周波数で最大2つのコアを使用することで、 極端なメガタスキングが必要な場合はコアを使用します。 究極のパフォーマンス、魅力的な4Kビジュアル、高速ストレージとメモリ、最新技術の進化を駆使して、計画から最終製品までの時間をこれまで以上に短縮します。




パワークリエイティビティ
より多くの時間を費やし、待ち時間を減らす。 インテル®Core™Xシリーズ・プロセッサーは、最も要求の厳しいワークロードを処理できます。 360°動画をすばやくアップロードして編集し、VR動画を素晴らしい4Kで楽しむことができます。 新しいコンピュータに作成できるものに制限はありません。




エクストリームメガタスク
最高の作業を作成するには、一度に複数のCPU集約型タスクを処理するための最も応答性の高いテクノロジが必要です。 インテル®Core™Xシリーズプロセッサーを使用すると、コンピューターのパフォーマンスを損なうことなく、ビデオを編集したり、3D効果をレンダリングしたり、サウンドトラックを同時に構成したりできます。
Intel® Turbo Boost Max Technology 3.0 対応

Intel® Turbo Boost Max Technology 3.0 対応


プロセッサー・ダイの中から最も高速なコアを 2 つ特定し、X シリーズ・プロセッサー・ファミリーのシングルスレッド性能を高めます。この機能に付属して提供されるドライバーで優先順位の高いアプリケーションを設定することで、エンドユーザーから最速コアにワークロードを指定することができます。
これによりシングルコアを最大4.5GHzで動作させることが可能で、マルチスレッド処理に対応しないワークロードでも、高速処理の実現することができます。

 

マルチGPU対応




アプリケーションの性能を最大限に引き出すNVIDIA®の高性能な3D CG、CAD向けプロフェッショナルグラフィックボードを最大4基数搭載可能な拡張スロットを装備。
また、対応したアプリケーションを利用することで GPUの機能を利用してアプリケーションのパフォーマンスを強化する事ができ、コンピュータグラフィックの制御と出力が効率的に行われ、さらにGPU の高い処理能力によって、従来は高速な CPU や大量のメモリが必要とされたエフェクトやレンダリングをGPUを使用して高速に実行できるようになります。
また、 GPUの 並列コンピューティングのプラットフォーム を活用してインタラクティブでリアルタイムの編集と高速なパフォーマンスを提供することができます。
APEXX X4
new


APEXX X 4は、最大のCPUコア数を要求されるワークフロー向けの費用対効果の高いプロフェッショナルワークステーションです。
高解像度な映像を編集する場合でも最先端のVR体験を展開する場合でも、最大4枚のプロフェッショナル グラフィックスカードと128GBのメモリをサポートするAPEXX X4は、複雑なプロダクションパイプラインでの極端なマルチテイクに理想的なプラットフォームです。また、標準で10GBイーサーネットを搭載、さらに、Thunderbolt3 オプションも用意して外部装置との親和性も高い製品です。


インテル® Core™ X  シリーズ 詳細




 

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

インテル® Core™ X シリーズ・プロセッサー・ファミリー搭載





新Core Xシリーズは、最大18コアまでのプロセッサをラインナップ、クリエイターが編集やレンダリング、動画変換などを高速に実行できます。




パフォーマンスを最大化する
最新の長編映画やYouTube *シリーズの次のエピソードで作業している場合でも、ロックされていないインテル®Core™Xシリーズ・プロセッサーは、より高い周波数で最大2つのコアを使用することで、 極端なメガタスキングが必要な場合はコアを使用します。 究極のパフォーマンス、魅力的な4Kビジュアル、高速ストレージとメモリ、最新技術の進化を駆使して、計画から最終製品までの時間をこれまで以上に短縮します。




パワークリエイティビティ
より多くの時間を費やし、待ち時間を減らす。 インテル®Core™Xシリーズ・プロセッサーは、最も要求の厳しいワークロードを処理できます。 360°動画をすばやくアップロードして編集し、VR動画を素晴らしい4Kで楽しむことができます。 新しいコンピュータに作成できるものに制限はありません。




エクストリームメガタスク
最高の作業を作成するには、一度に複数のCPU集約型タスクを処理するための最も応答性の高いテクノロジが必要です。 インテル®Core™Xシリーズプロセッサーを使用すると、コンピューターのパフォーマンスを損なうことなく、ビデオを編集したり、3D効果をレンダリングしたり、サウンドトラックを同時に構成したりできます。
Intel® Turbo Boost Max Technology 3.0 対応

Intel® Turbo Boost Max Technology 3.0 対応


プロセッサー・ダイの中から最も高速なコアを 2 つ特定し、X シリーズ・プロセッサー・ファミリーのシングルスレッド性能を高めます。この機能に付属して提供されるドライバーで優先順位の高いアプリケーションを設定することで、エンドユーザーから最速コアにワークロードを指定することができます。
これによりシングルコアを最大4.5GHzで動作させることが可能で、マルチスレッド処理に対応しないワークロードでも、高速処理の実現することができます。

 

マルチGPU対応




アプリケーションの性能を最大限に引き出すNVIDIA®の高性能な3D CG、CAD向けプロフェッショナルグラフィックボードを最大4基数搭載可能な拡張スロットを装備。
また、対応したアプリケーションを利用することで GPUの機能を利用してアプリケーションのパフォーマンスを強化する事ができ、コンピュータグラフィックの制御と出力が効率的に行われ、さらにGPU の高い処理能力によって、従来は高速な CPU や大量のメモリが必要とされたエフェクトやレンダリングをGPUを使用して高速に実行できるようになります。
また、 GPUの 並列コンピューティングのプラットフォーム を活用してインタラクティブでリアルタイムの編集と高速なパフォーマンスを提供することができます。
APEXX W4L
new

4つのプロフェッショナルGPUをサポートできるAPEXX W4Lは、高性能なIntel Xeon W-3200プロセッサを搭載、レンダリング、シミュレーション、その他のGPUを中心としたワークフローに最適化された汎用性の高いプラットフォームで、生産性とROIを最大化します。

シングルソケット・ソリューションで最大28コア、56スレッド、2TB DDR4 RDIMMを搭載し、高速な可視化、シミュレーション、レンダリングを実現、必要に応じてパフォーマンスを向上させるインテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー3.0を搭載し、新しいインテル® ディープラーニング・ブーストでAIのパフォーマンスを加速します。また、プロフェッショナルワークステーションストレージサポートによりバランスのとれたワークステーション・プラットフォームを提供、単なるコンピュート、メモリ、ネットワーク・パフォーマンス向上だけではなくストレージの革新により、データ量の多いワークロードの効率とパフォーマンスを大幅に向上させることができます。インテル® Xeon® W-3200プロセッサーは、主なストレージ機能を強化し、データアクセスのボトルネックを打破する高スループットと低レイテンシーを実現します。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

Workstations powered by Intel® Xeon® W-3200 processors

APEXX W4Lは新しいインテル® メッシュ・アーキテクチャーと広範に拡張されたリソースから、インテル® AVX-512 などのハードウェア・アクセラレーション・テクノロジーまで、インテル® Xeon® W-3200 プロセッサー搭載のワークステーション・プラットフォームです。これにより、新しいレベルの卓越したパフォーマンスを実現します。搭載するインテル® Xeon® W-3200プロセッサーは、プロセッサーの周波数やコア数、スレッド数に基づいてアプリケーションを拡張するかどうかにかかわらず、最大4.6 GHzのインテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー3.0までのプロセッサーの周波数を向上させることで、柔軟なオプションを提供します。

Workstations powered by Intel® Xeon® W-3200 processors
広範囲にわたる画期的なパフォーマンス

広範囲にわたる画期的なパフォーマンス

インテル® Xeon® W-3200プロセッサー・プラットフォームでを採用した W4Lは、インテル®メッシュ・アーキテクチャーが最大28コア、ラスト・レベル・キャッシュ(LLC)、合計6つのDDR4メモリー・チャンネル、64プロセッサー・PCIe*レーンをすべてのコア間で共有しているため、ダイ全体で大規模なリソースにアクセスでき、パフォーマンスを犠牲にすることなくダイナミックなスケーラビリティを実現します。

マルチGPUに対応により複数枚のGPUを利用したソリューションを提供できます。

高度なワークステーションに向けたシングルソケットソリューション

プロフェッショナルワークステーションストレージをサポート
 
バランスのとれたワークステーション・プラットフォームは、単なる生のコンピュート、メモリ、ネットワーク・パフォーマンスだけではありません。ストレージの革新により、データ量の多いワークロードの効率とパフォーマンスを大幅に向上させることができます。APEXX W4Lは、主なストレージ機能を強化し、データアクセスのボトルネックを打破する高スループットと低レイテンシーを実現します。

APEXX W4L
new

4つのプロフェッショナルGPUをサポートできるAPEXX W4Lは、高性能なIntel Xeon W-3200プロセッサを搭載、レンダリング、シミュレーション、その他のGPUを中心としたワークフローに最適化された汎用性の高いプラットフォームで、生産性とROIを最大化します。

シングルソケット・ソリューションで最大28コア、56スレッド、2TB DDR4 RDIMMを搭載し、高速な可視化、シミュレーション、レンダリングを実現、必要に応じてパフォーマンスを向上させるインテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー3.0を搭載し、新しいインテル® ディープラーニング・ブーストでAIのパフォーマンスを加速します。また、プロフェッショナルワークステーションストレージサポートによりバランスのとれたワークステーション・プラットフォームを提供、単なるコンピュート、メモリ、ネットワーク・パフォーマンス向上だけではなくストレージの革新により、データ量の多いワークロードの効率とパフォーマンスを大幅に向上させることができます。インテル® Xeon® W-3200プロセッサーは、主なストレージ機能を強化し、データアクセスのボトルネックを打破する高スループットと低レイテンシーを実現します。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

Workstations powered by Intel® Xeon® W-3200 processors

APEXX W4Lは新しいインテル® メッシュ・アーキテクチャーと広範に拡張されたリソースから、インテル® AVX-512 などのハードウェア・アクセラレーション・テクノロジーまで、インテル® Xeon® W-3200 プロセッサー搭載のワークステーション・プラットフォームです。これにより、新しいレベルの卓越したパフォーマンスを実現します。搭載するインテル® Xeon® W-3200プロセッサーは、プロセッサーの周波数やコア数、スレッド数に基づいてアプリケーションを拡張するかどうかにかかわらず、最大4.6 GHzのインテル® ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー3.0までのプロセッサーの周波数を向上させることで、柔軟なオプションを提供します。

Workstations powered by Intel® Xeon® W-3200 processors
広範囲にわたる画期的なパフォーマンス

広範囲にわたる画期的なパフォーマンス

インテル® Xeon® W-3200プロセッサー・プラットフォームでを採用した W4Lは、インテル®メッシュ・アーキテクチャーが最大28コア、ラスト・レベル・キャッシュ(LLC)、合計6つのDDR4メモリー・チャンネル、64プロセッサー・PCIe*レーンをすべてのコア間で共有しているため、ダイ全体で大規模なリソースにアクセスでき、パフォーマンスを犠牲にすることなくダイナミックなスケーラビリティを実現します。

マルチGPUに対応により複数枚のGPUを利用したソリューションを提供できます。

高度なワークステーションに向けたシングルソケットソリューション

プロフェッショナルワークステーションストレージをサポート
 
バランスのとれたワークステーション・プラットフォームは、単なる生のコンピュート、メモリ、ネットワーク・パフォーマンスだけではありません。ストレージの革新により、データ量の多いワークロードの効率とパフォーマンスを大幅に向上させることができます。APEXX W4Lは、主なストレージ機能を強化し、データアクセスのボトルネックを打破する高スループットと低レイテンシーを実現します。

APEXX T4.04
new


第3世代Ryzen™ Threadripper™プロセッサーの搭載と最先端のPCIe Gen 4.0接続をサポートするハイエンド・デスクトップ・プラットフォーム「AMD TRX40マザーボード」を採用、 これによりパワフルかつスケーラブルなプラットフォームによって、デスクトップ・プロセッサーで最大限のI/Oと拡張が実現し、本格的なマルチGPUとNVMeアレイに対応しています。さらに、最大64コア、128スレッドにより、驚異的なレンダリング時間を実現、これらのCPUパワーによってクリエイティブ関連のワークロードを超高速に遂行することができます。
 

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

驚異的なレンダリング時間を実現




レンダリングバーを気にする必要がなくなります。 この世界で最もパワフルなデスクトップ・プロセッサー1で、創造的なビジョンを実現してください。
最大64コア、128スレッドにより、クリエイティブ関連のワークロードを超高速に遂行することができます。

 

プログラムも簡単に処理



大天幕にふさわしい品質で、メディアを制作、編集、微調整してください。 リソースを最も大量に消費するプログラムでも効果的に処理できるほどパワフルなプロセッサーで、VFX、モデリング、編集、トラッキング、マスタリングなど、創造プロセスのあらゆる段階を処理してください。

究極のデスクトップ・プラットフォーム




第3世代Ryzen™ Threadripper™プロセッサーは、最先端のPCIe® Gen 4.0接続をサポートする世界初のハイエンド・デスクトップ・プラットフォーム「AMD TRX40マザーボード」と互換性があります。 この将来を見据えるパワフルかつスケーラブルなプラットフォーム4により、デスクトップ・プロセッサーで最大限のI/Oと拡張が実現します。本格的なマルチGPUとNVMeアレイに対応しています。
 
APEXX T4.04
new

APEXX T4 は第3世代Ryzen™ Threadripper™プロセッサーを搭載と最先端のPCIe® Gen 4.0接続をサポートする世界初のハイエンド・デスクトップ・プラットフォーム「AMD TRX40マザーボード」を採用、 この将来を見据えるパワフルかつスケーラブルなプラットフォームにより、デスクトップ・プロセッサーで最大限のI/Oと拡張が実現します。本格的なマルチGPUとNVMeアレイに対応しています。
さらに、最大64コア、128スレッドにより、驚異的なレンダリング時間を実現しレンダリングバーを気にする必要がなくなります。これらのCPUパワーによってクリエイティブ関連のワークロードを超高速に遂行することができます。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

驚異的なレンダリング時間を実現




レンダリングバーを気にする必要がなくなります。 この世界で最もパワフルなデスクトップ・プロセッサー1で、創造的なビジョンを実現してください。
最大64コア、128スレッドにより、クリエイティブ関連のワークロードを超高速に遂行することができます。

 

プログラムも簡単に処理



大天幕にふさわしい品質で、メディアを制作、編集、微調整してください。 リソースを最も大量に消費するプログラムでも効果的に処理できるほどパワフルなプロセッサーで、VFX、モデリング、編集、トラッキング、マスタリングなど、創造プロセスのあらゆる段階を処理してください。

究極のデスクトップ・プラットフォーム




第3世代Ryzen™ Threadripper™プロセッサーは、最先端のPCIe® Gen 4.0接続をサポートする世界初のハイエンド・デスクトップ・プラットフォーム「AMD TRX40マザーボード」と互換性があります。 この将来を見据えるパワフルかつスケーラブルなプラットフォーム4により、デスクトップ・プロセッサーで最大限のI/Oと拡張が実現します。本格的なマルチGPUとNVMeアレイに対応しています。
 
APEXX T4.04
new

APEXX T4 は第3世代Ryzen™ Threadripper™プロセッサーを搭載と最先端のPCIe® Gen 4.0接続をサポートする世界初のハイエンド・デスクトップ・プラットフォーム「AMD TRX40マザーボード」を採用、 この将来を見据えるパワフルかつスケーラブルなプラットフォームにより、デスクトップ・プロセッサーで最大限のI/Oと拡張が実現します。本格的なマルチGPUとNVMeアレイに対応しています。
さらに、最大64コア、128スレッドにより、驚異的なレンダリング時間を実現しレンダリングバーを気にする必要がなくなります。これらのCPUパワーによってクリエイティブ関連のワークロードを超高速に遂行することができます。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

モデル
特徴
仕様
お問い合わせ

驚異的なレンダリング時間を実現




レンダリングバーを気にする必要がなくなります。 この世界で最もパワフルなデスクトップ・プロセッサー1で、創造的なビジョンを実現してください。
最大64コア、128スレッドにより、クリエイティブ関連のワークロードを超高速に遂行することができます。

 

プログラムも簡単に処理



大天幕にふさわしい品質で、メディアを制作、編集、微調整してください。 リソースを最も大量に消費するプログラムでも効果的に処理できるほどパワフルなプロセッサーで、VFX、モデリング、編集、トラッキング、マスタリングなど、創造プロセスのあらゆる段階を処理してください。

究極のデスクトップ・プラットフォーム




第3世代Ryzen™ Threadripper™プロセッサーは、最先端のPCIe® Gen 4.0接続をサポートする世界初のハイエンド・デスクトップ・プラットフォーム「AMD TRX40マザーボード」と互換性があります。 この将来を見据えるパワフルかつスケーラブルなプラットフォーム4により、デスクトップ・プロセッサーで最大限のI/Oと拡張が実現します。本格的なマルチGPUとNVMeアレイに対応しています。
 
APEXX T4L
new

これまでで最も汎用性の高いAMDデスクトップ・プラットフォームであるRyzen Threadripper PROは、最先端のマルチスレッド・パフォーマンスも実現しています。
新しいAMD Ryzen Threadripper PROは、APEXX T4Lの優れたプラットフォームとなり、Threadripper PROに搭載されたプロセッシングコアの数と革新的な機能は、VFXアーティスト、アニメーター、モーションメディアエディター、さらにはアーキテクトやエンジニアが、これまで以上に迅速に制作することを可能にします。 

AMD Ryzen Threadripper PROは、最大 ブースト 4.2GHzのクロック性能に加えて、最大128のPCIe 拡張バス・レーンをサポート、マルチプロセッシング能力を提供 などクリエイターから要求の高い3Dコンテンツ制作のワークフローに対応しており、複雑な3Dシーンのレンダリング、シミュレーションの実行、迅速なアセンブリ・再構築など、AMDの64コアRyzen Threadripper PROにより、ユーザーはデュアルソケットシステムに匹敵するフルスペクトラムの能力を体験することができます。

また、BOXXワークステーションは、最大4つのプロ仕様 GPUをサポートしており。AMD® Radeon Pro™またはNVIDIA® RTX™(NVIDIAの第2世代RTXアーキテクチャであるAmpereを含む)。さらに、複数のハードドライブオプション、最大2TBのシステムメモリ、リモートシステム管理のためのIPMIなどの機能も備えています。高度な設定が可能なAPEXX T4Lは、Autodesk® 3ds Max®, Maya®, Revitや、Avid®, Adobe CC, DaVinci Resolve, Cinema 4D, V-Rayなどのマルチスレッドアプリケーションで優れたパフォーマンスを発揮します。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

APEXX T4L
new

これまでで最も汎用性の高いAMDデスクトップ・プラットフォームであるRyzen Threadripper PROは、最先端のマルチスレッド・パフォーマンスも実現しています。
新しいAMD Ryzen Threadripper PROは、APEXX T4Lの優れたプラットフォームとなり、Threadripper PROに搭載されたプロセッシングコアの数と革新的な機能は、VFXアーティスト、アニメーター、モーションメディアエディター、さらにはアーキテクトやエンジニアが、これまで以上に迅速に制作することを可能にします。 

AMD Ryzen Threadripper PROは、最大 ブースト 4.2GHzのクロック性能に加えて、最大128のPCIe 拡張バス・レーンをサポート、マルチプロセッシング能力を提供 などクリエイターから要求の高い3Dコンテンツ制作のワークフローに対応しており、複雑な3Dシーンのレンダリング、シミュレーションの実行、迅速なアセンブリ・再構築など、AMDの64コアRyzen Threadripper PROにより、ユーザーはデュアルソケットシステムに匹敵するフルスペクトラムの能力を体験することができます。

また、BOXXワークステーションは、最大4つのプロ仕様 GPUをサポートしており。AMD® Radeon Pro™またはNVIDIA® RTX™(NVIDIAの第2世代RTXアーキテクチャであるAmpereを含む)。さらに、複数のハードドライブオプション、最大2TBのシステムメモリ、リモートシステム管理のためのIPMIなどの機能も備えています。高度な設定が可能なAPEXX T4Lは、Autodesk® 3ds Max®, Maya®, Revitや、Avid®, Adobe CC, DaVinci Resolve, Cinema 4D, V-Rayなどのマルチスレッドアプリケーションで優れたパフォーマンスを発揮します。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

APEXX T4L
new

これまでで最も汎用性の高いAMDデスクトップ・プラットフォームであるRyzen Threadripper PROは、最先端のマルチスレッド・パフォーマンスも実現しています。
新しいAMD Ryzen Threadripper PROは、APEXX T4Lの優れたプラットフォームとなり、Threadripper PROに搭載されたプロセッシングコアの数と革新的な機能は、VFXアーティスト、アニメーター、モーションメディアエディター、さらにはアーキテクトやエンジニアが、これまで以上に迅速に制作することを可能にします。 

AMD Ryzen Threadripper PROは、最大 ブースト 4.2GHzのクロック性能に加えて、最大128のPCIe 拡張バス・レーンをサポート、マルチプロセッシング能力を提供 などクリエイターから要求の高い3Dコンテンツ制作のワークフローに対応しており、複雑な3Dシーンのレンダリング、シミュレーションの実行、迅速なアセンブリ・再構築など、AMDの64コアRyzen Threadripper PROにより、ユーザーはデュアルソケットシステムに匹敵するフルスペクトラムの能力を体験することができます。

また、BOXXワークステーションは、最大4つのプロ仕様 GPUをサポートしており。AMD® Radeon Pro™またはNVIDIA® RTX™(NVIDIAの第2世代RTXアーキテクチャであるAmpereを含む)。さらに、複数のハードドライブオプション、最大2TBのシステムメモリ、リモートシステム管理のためのIPMIなどの機能も備えています。高度な設定が可能なAPEXX T4Lは、Autodesk® 3ds Max®, Maya®, Revitや、Avid®, Adobe CC, DaVinci Resolve, Cinema 4D, V-Rayなどのマルチスレッドアプリケーションで優れたパフォーマンスを発揮します。

基本構成

認定アプリケーション&テクノロジ-:

TOPへ

Copyright (c) 2014 BOXX Japan. All rights reserved.