AMD Ryzen Threadripper PROがポストプロダクションにもたらすもの



AMDは、新しいRyzen™ Threadripper™ PROプロセッサーを「Built for creating」と表現していますが、BOXXではこれに同意することはできません。新しいBOXX APEXX T4L(Everest*) ワークステーションを支えるパワーであるこの新しいプロセッサーは、いくつかの印象的なベンチマークの信憑性を持っています。

・AMD Ryzen™ Threadripper™ PROは、競合他社の最高コア数のプロセッサー2機種を上回る性能を発揮します。
・25+記録的な勝利
・初の64コア・プロ ワークステーション用CPU
・リーダーシップ と シングルおよびマルチスレッド・アプリケーション・パフォーマンス

それでは、この新しいプロセッサーが、DaVinci ResolveやAdobe Creative Cloudを使用するビデオエディターやVFXアーティストなどのポストプロダクションのプロにとってどのような意味を持つのか、簡単にご紹介しましょう。

DaVinci Resolve Studio

DaVinci Resolve Studioは、8K編集、カラーコレクション、ビジュアルエフェクト、オーディオポストプロダクションのすべてを1つのアプリケーションに統合し、ワンクリックでそれらのタスク間を瞬時に移動することができます。DaVinci Resolve Studioのもう一つの大きな利点は、ポストコラボレーションのために構築されていることで、エディター、アシスタント、カラリスト、VFXアーティスト、サウンドデザイナーの全員が同じプロジェクトで同時に作業できることです。
DaVinci Resolveのユーザーであれば、どんなフォーマットや解像度でも納品できるようにしなければなりません。そのためには、8Kやリアルタイムのコラボレーションに苦戦する、パワー不足のワークステーションがボトルネックになることがよくあります。しかし、APEXX T4L EverestのようなAMD Ryzen™ Threadripper™ PROベースのシステムであればこれらの問題を解決します。

Threadripper™ PRO 3995WXプロセッサーの周波数は4.5GHzで、最大64コア/128スレッドを誇り、これはプロフェッショナル向けCPUの中では最高のコア数となります。また、各コアはメモリに均等にアクセスできるため、非常に高速なアーキテクチャを実現しています。DaVinci Resolveの8Kコンテンツでは、Threadripper™ PROがリアルタイムでの8K再生を可能にします。

APEXX 4Lに搭載されているThreadripper™ PROは、PCIe 4.0にも対応しており、最大4つのNVIDIA RTX™ GPUやNVMe SSDとホストとの間でデータを高速にやり取りすることで、パフォーマンスとパワーを向上させます。
 

 Adobe

次に、アドビシステムズ社を見てみましょう。Threadripper™ PROは、待ち時間を減らし、創造する時間を増やすことができます。この新しいプロセッサーは、Adobe Sensei AI、統合ワークフローを搭載したPremiere ProやAfter Effectsのビデオやモーショングラフィックスを加速し、あらゆるカメラ、フレーム、プラットフォームへの対応を高めます。また、64個のプロセッシングコアにより、ビデオ編集やアニメーションの高速化、レンダリングプレビューの高速化、ビデオエンコーディング、アニメーションのエクスポートなどが期待できます。

また、DaVinci Resolveの8Kサポートが強化されたように、Threadripper™ PROはPremiere Proで8K REDCODE RAWフッテージのリアルタイム編集を可能にします。ストレージに関しては、PCIe® 4.0と最大2TBのメモリを搭載しているため、8Kファイルをこれまで以上に高速に読み込むことができます。

数年前にAMD Ryzen™ Threadripper™に移行したポストプロの方は、このプロセッサーが評判通りだったことをご存知でしょう。また、そろそろThreadripper™ PROにアップグレードする時期かもしれないこともご存知でしょう。そもそもThreadripperを試したことがないのであれば、今こそ逃したものを体験し、その過程でPROになる時です。
 
*APEXX 4TL Everestは、Avid、3ds Max、Maya、Cinema 4D、Vegas PRO、V-Ray、その他のアプリケーションでも同じように優れています。

投稿日 : 2021-06-03 15:20:00

TOPへ

Copyright (c) 2014 BOXX Japan. All rights reserved.