NVIDIA GTC21でNVIDIAを活用したリモートワークソリューションなどを紹介




 

高性能コンピュータ・ワークステーション、レンダリング・システム、サーバーのリーディング・イノベーターであるBOXX Technologies社は、仮想GPUテクノロジー・カンファレンスであるGTC 21において、リモートワークに焦点を当てた情報提供セッションを開催し、FLEXXとRAXX製品、BOXX Cloudを紹介します。また、BOXXは、世界的な建築スタジオであるWoods Bagot社とのNVIDIA Omniverse™ケーススタディセッションを紹介します。GTC21は、4月12日から16日まで開催され、人工知能、データセンター、アクセラレーション・コンピューティング、インテリジェント・ネットワーキングなどの分野で飛躍的な進歩をもたらす技術に焦点を当てています。

 
 "BOXXのマーケティング担当副社長であるビル・リージャーは、「世界的なパンデミックが発生する以前から、BOXXはリモートワークを重視しており、データセンターやBOXXクラウドを介してアクセスできるFLEXXのようなソリューションを提供してきました。"NVIDIA RTX™ GPUを搭載することで、組織がワークフローを加速させ、リモートワークでデータ、クリエイティブコンテンツ、チームプロジェクトなどにアクセスすることを可能にしています。"
 
BOXXテクニカル・マーケティング・マネージャーのフィル・ローリーがホストを務める「Remote Workstation Solutions for Maximum Performance」#SS33063では、リモートワークのオプションについて詳しく説明し、ITリソースをアップグレードする際のスケールアウトとスケールアップ、仮想化とリモートワークへの道筋、ユーザーあたりの推定コストパーセンテージなどのコンセプトを取り上げています。また、「BOXX RAXX」のようなベアメタルラックワークステーション、「RAXX VDI」のようなパフォーマンスの高い仮想ワークステーション、「FLEXX」のような高密度のベアメタルまたは仮想化ソリューションなど、さまざまなワークフォースシナリオに最適なソリューションを選択するための重要な洞察を提供します。
 
マルチノード、データセンター対応のシステムであるFLEXXは、複数の種類のコンピュートノードを同時にサポートすることができ、現場や遠隔地で作業するエンジニア、建築家、デザイナー、アーティスト、その他のプロフェッショナルなコンテンツ制作者に最高のアプリケーションパフォーマンスを提供します。コンピュートノードには、接続されているあらゆるデバイスからアクセス可能なNVIDIA Virtual Workstationノードが含まれ、これまでデスクサイドワークステーションでしか得られなかったパフォーマンスを実現します。また、マルチCPUレンダーノード、マルチGPUワークステーションまたはレンダーノードも含まれます。FLEXXシステムは、Autodesk Revit、Maya、3ds Max、Arnoldをはじめ、SOLIDWORKS Simulation & Visualize、Chaos V-Rayなどのアプリケーションにお勧めです。
 
本セッションでは、BOXX Cloudの概要について説明しましたが、より詳細な説明は、BOXX CloudプロダクトマーケティングマネージャーのNick Pandher氏がホストを務めるGTC 21のセッション「Cloud-Based Workstations for the New Work-From-Anywhere Reality」#SS33064でご覧いただけます。このセッションでは、「CADアプリケーション専用の安全なクラウドワークスペースを介して、ユーザーをデスクトップから解放し、デバイスや時間を問わずにアクセスできるようにする」という目標を掲げ、クラウドサービスの主要な機能と明確な利点を説明します。シンプル、シームレス、セキュア」であることから、専用のNVIDIA RTX™ GPUを使用していることまで、BOXX Cloudがどのように機能し、CADユーザーとITの両方にどのようなメリットをもたらすのかを明確に理解することができます。
 
また、BOXXシステムは、「Real-Time Collaboration for Architects Using Omniverse」#SS33021を開催します。このセッションでは、Woods Bagot社のRobert Cervellione氏(AIA)が、BOXXワークステーションとNVIDIA Omniverseを使った実際のCADワークフローを紹介します。Omniverseは、デジタルコンテンツ制作者とそのアプリケーションのために、リモートアクセス、仮想コラボレーション、リアルタイムの物理的に正確なシミュレーションを可能にする革新的なプラットフォームです。
 
最後に、セッション「SOLIDWORKS Visualize: 最後に、セッション「SOLIDWORKS Visualize: Recent Developments」#S31988では、長寿テレビシリーズ「American Chopper」での活躍で知られる「SOLIDWORKS Industrial Design Champion」のJason Pohl氏が、SOLIDWORKSシニアソリューションコンサルタントのMike Sande氏と対談し、NVIDIA RTX™ GPUを搭載したBOXX APEXX Denaliワークステーションを使用して、製品設計におけるリアルタイムグラフィックスの活用と、すぐに結果を出すことの重要性について語りました。
 
 "クリエイティブなデザインからデータビジュアライゼーションまで、要求の厳しいグラフィックスワークフローには、強力な専用ソリューションが必要です」と、NVIDIAのプロフェッショナルビジュアライゼーション担当シニアディレクターであるサンディープ・グプテ氏は述べています。"BOXXの革新的な専用ソリューションは、NVIDIA RTX GPUによって加速され、プロのデジタルアーティスト、エンジニア、建築家、デザイナー、データサイエンティストが、パフォーマンスを犠牲にすることなく、どこからでもグラフィックを多用するアプリケーションを実行できるようにします。"

投稿日 : 2021-04-13 09:54:00

TOPへ

Copyright (c) 2014 BOXX Japan. All rights reserved.