BOXX レンダリング製品の発売開始のお知らせ

レンダリングソリューションに最新のインテル Xeon プロセッサー、
AMD プロセッサー搭載のCPU/GPU レンダリング製品を追加ラインナップを拡充し販売開始


BOXX Technologies.(米国 テキサス州 オースティン)製品の国内販売元、トーワ電機株式会社 BOXX事業部(本社:宮城県仙台市)は、当社で販売するレンダリングソリューションのラインナップを拡充し、最新のインテル Xeon プロセッサーおよびAMD プロセッサーを搭載した、CPU/GPU レンダリングの3製品を本日9月13日(木)より販売開始します。
BOXXレンダリングソリューションは、高密度でマルチコアのCPUレンダリングと複数のハイパフォーマンスなGPUを利用したGPUレンダリング処理により、VFX、アニメーション、3D CADなどのワークフローにおけるレンダリングの時間短縮を可能にします。
 
今回、発表しました製品は以下となります。

 

CPU・レンダリング・ソリューション

 ~レンダリング集中型ワークフローのパワー~




新しくデザインされたrenderBOXX は、4つの個別レンダリング・ノードに高性能なデュアル インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーで構成されてます。4つのノードは、2Uラックマウントサーバー筐体に収容し、ノード合計で最大224コア(448スレッド)の高密度な計算が利用でき、複雑なビジュアライゼーションや3Dアニメーションを作成するためのレンダリング時間を大幅に短縮します。

renderBOXX 製品ページ
http://boxxtech.jp/product_list/v/5b83c8f54bec2



GPU・レンダリング・ソリューション

レンダリングとルックデベロップメントを加速する



GPUアクセラレーションレンダリングの理想的なプラットフォームであるGX8PおよびAPEXX W8Rは、シングルCPU構成で最大8つのプロフェッショナルなNVIDIA® QuadroTM、またはAMD® Radeon ProTM グラフィックカードが構成可能で、GPUのレンダリングとルックデブを大幅に加速します。





BOXX GX8P ラックマウントシステムは、最大8つのデュアルスロットNVIDIA GPUカードをサポートし、NVIDIA® Sync IIカード、ネットワーキング、ストレージアダプタ、またはNVMeストレージデバイスを追加するスペースを提供し、PCIe Gen3デバイス間の帯域幅を広げ、レイテンシを減少させます。GX8Pは、最大32コアのシングルAMD Epycプロセッサーを搭載しているため、デュアルプロセッサーに比べて高性能でコスト効果が高く、GPUレンダリングおよびDeep Learningに最適なシステムソリューションです。

GX8P 製品ページ
http://boxxtech.jp/product_list/v/5b866ea19667e




APEXX W8Rは、GPUアクセラレーションレンダリングの理想的なプラットフォームです。プロフェッショナルでハイパフォーマンスなNVIDIA® QuadroTM またはAMD® Radeon ProTM グラフィックカード用のスペースを備え、堅牢なインテル® Xeon® Wプロセッサーを搭載し、BOXXのシングルCPUサーバーソリューションによって、高密度なGPUコンピューティングシステムをもたらします。

APEXX W8R 製品ページ
http://boxxtech.jp/product_list/v/5b99138f84b2d


お問合せについて
本リリース内容およびBOXX製品の詳細についてお気軽にお問い合わせください。 
トーワ電機株式会社  BOXX事業部  プロダクトマネージャー  小島 広
住所:〒113-0033 東京都文京区湯島3-34-6 湯島ビル8階      電話:03-6803-2070  sales@boxxtech.jp
製品詳細についてはWeb サイトをご覧ください:  http://boxxtech.jp





 
 

投稿日 : 2018-09-13 12:00:00

TOPへ

Copyright (c) 2014 Boxx Allright reserved.