BOXX DaVinci Resolve 14、ポストプロダクションの未来


DaVinci Resolve 14に搭載された新しいコラボレーションツールにより、編集、カラーコレクション、オーディオミキシングを同時に行うことができます。複数のアシスタントがフッテージを準備する間、エディターはカットを調整し、カラリストはショットのグレーディングを行い、サウンドエディターはオーディオをミキシングするなど、同じプロジェクトで同時に作業をすることができます。タイムラインロッキングを使用することで、ユーザーは、別のユーザーによって作業が書き換えられることを心配せずに、プロジェクトの一部の作業を確実に行うことができます。内蔵のチャット機能によって、共同作業者はDaVinci Resolve内でチャットを行うことができます。インターネット接続無しで動作するセキュアなチャットであるため、知的財産をハッキングから保護することができます。DaVinci Resolve 14は、ポストプロダクション用編集ツール、カラリストツール、およびFairlightオーディオを1つのアプリケーションに統合したBlackmagic Designの先進的な編集ソフトウェアに対する最新アップデートです。編集、カラーコレクション、およびオーディオマスタリングの間で円滑かつ簡単に切り替えることが可能なDaVinci Resolve 14は、映画やテレビ番組のカラリスト、映像エディター、オーディオ専門家に最適なツールです。



Blackmagic Designは、パブリックベータ版を無償で提供しており、複数GPUのサポート、4Kマスタリング、マルチユーザーツール、その他を含むフル機能版を299米ドルで提供しています。以下に、DaVinci Resolve 14のアップデートの詳細、および映像編集、カラーコレクション、サウンドエンジニアリングのニーズに対してDaVinci Resolve 14のツールを検討すべき理由について説明します。

 

Fairlightオーディオの統合

DaVinci Resolve 14では、アプリケーションにFairlightオーディオが新たに統合されました。ハイエンドの音質とスピーディな処理で知られているFairlightは、業界で幅広くメディアプロフェッショナルに利用されています。5.1、7.1、Dolby Surround、22.2等のフォーマットを含め、すべてのFairlightオーディオミキシングツールをDaVinci Resolve内で直接使用することができます。

このレベルで専門的なオーディオミキシングツールと、映像編集ツールとを統合したアプリケーションは、業界で初めてです。DaVinci Resolve 14は、Fairlightハードウェアミキシングコンソールとの互換性を備えているので、マルチトラックプロジェクトを新たなレベルに引き上げることが可能です。

内蔵のFairlightは、リアルタイムでミキシングをしながら、最大96チャネルまで録音することができます。また、収録、編集、プロ仕様のバス、音のスイートニング、ミキシング、ルーティング、その他のオーディオツールのフルセットが搭載されています。

 

舞台裏の最適化

Blackmagicは、DaVinci Resolve 14内で、スレッディングやGPUパイプラインの改善を含む、CPUおよびGPUの広範囲にわたる最適化を行いました。これらのアップグレードにより、より低いレイテンシー、より高速なUIリフレッシュレート、Apple Metalのサポート、および追加機能への対応が可能になりました。DaVinci Resolve 14は、滑らかなパフォーマンスを提供し、極めて正確な編集を可能にします。また、長いクリップでも即座にスクラブ、再生できます。H.264などのフォーマット用の新しいアクセラレーションにより、ラップトップやモバイルワークステーションからも4K素材を編集することができます。


DaVinci Resolve 14に搭載された新しいコラボレーションツールにより、編集、カラーコレクション、オーディオミキシングを同時に行うことができます。複数のアシスタントがフッテージを準備する間、エディターはカットを調整し、カラリストはショットのグレーディングを行い、サウンドエディターはオーディオをミキシングするなど、同じプロジェクトで同時に作業をすることができます。タイムラインロッキングを使用することで、ユーザーは、別のユーザーによって作業が書き換えられることを心配せずに、プロジェクトの一部の作業を確実に行うことができます。内蔵のチャット機能によって、共同作業者はDaVinci Resolve内でチャットを行うことができます。インターネット接続無しで動作するセキュアなチャットであるため、知的財産をハッキングから保護することができます。
 

共同作業により生産性を最大限に向上



DaVinci Resolve 14に搭載された新しいコラボレーションツールにより、編集、カラーコレクション、オーディオミキシングを同時に行うことができます。複数のアシスタントがフッテージを準備する間、エディターはカットを調整し、カラリストはショットのグレーディングを行い、サウンドエディターはオーディオをミキシングするなど、同じプロジェクトで同時に作業をすることができます。タイムラインロッキングを使用することで、ユーザーは、別のユーザーによって作業が書き換えられることを心配せずに、プロジェクトの一部の作業を確実に行うことができます。内蔵のチャット機能によって、共同作業者はDaVinci Resolve内でチャットを行うことができます。インターネット接続無しで動作するセキュアなチャットであるため、知的財産をハッキングから保護することができます。

DaVinci Resolve 14の新しいマルチユーザー機能は、編集、カラーコレクション、およびオーディオミキシングプロセスを簡素化し、ファイルの複雑なインポートやエクスポート作業無しで、全員が同じプロジェクトで共同作業を行えるようにします。

 

BOXXワークステーションでベストの映像を編集

Blackmagic Design史上最高峰のプラットフォームであるDaVinci Resolve 14は、テレビ番組や映画の編集ワークフローに変革をもたらします。BOXXの新しいワークステーションを使用することで、DaVinci Resolve 14の編集、カラーコレクション、サウンドミキシングをさらに容易に行えるようになります。数千ものクリップの処理、4K素材の編集などの作業は、最先端のBOXXワークステーションを使用すれば確実に行うことができます。BOXXが、テレビ番組や映画の編集プロジェクトに最適なシステムの構築を支援いたしますので、是非、お問い合わせください。

 

投稿日 : 2017-11-29 07:00:00

ご購入前のお問い合わせはこちら 03-6801-6333 受付時間:平日/9:00~17:00
当社はインテル® テクノロジー・プロバイダープラチナメンバーです。
当社はインテル® テクノロジー・
プロバイダープラチナメンバーです。
Inter Bee 2016
Affter NAB Tokyo
AUTODESK UNIVERSITY JAPAN 2016
AUGI jp
BOXXの強み
TOPへ

Copyright (c) 2014 Boxx Allright reserved.