インテル SSD 750でストレージのボトルネックを解消。

 

インテル SSD 750でストレージのボトルネックを解消。


これまでCPUとGPUは常に競い合うように処理能力を日々増加させ、これまで多くのユーザーよりこれらの技術革新を迎い入れられています。私たちはこれら最新技術を測定するのに 高いクロック、マルチ・コアを持つCPUに CINEBENCHのようなテストや最新のグラフィックスの場合はSPECviewのようなテストでベンチマークで計測を実行しますが、これらテストの際、ワークステーションでのシステムの応答性の縁の下の力持ちであるストレージ技術は、何年もの間、機械的なハードディスクドライブが通常的に利用されておりました。
 
1956年以降、HDDはデータを格納する方法として導入されそれ以降、基本的な機能は変更されていませんでした。これまでのドライブの基本的な機能向上として、急速な磁性材料の品質向上によるコーティングディスク性能向上、プラッタの回転数、アクチュエータアーム上に配置された磁気ヘッドと対になる、ヘッドは、データの個々のブロックを格納、これらを連続的に検索することができ、ランダムアクセス方式でプラッタ表面にデータを読み書き、パフォーマンスとストレージサイズを大きくするためのフォームファクタの提供により性能は向上され、さらに、高速化としてパラレルATA(PATA)はシリアルATA(SATA)に移行され、ネイティブ·コマンド·キューイングなどの技術導入、キャッシュオンボードによる高速化、円板あたりの容量の増加やスピンドルの高速化、さらにはヘリウムが充填されたドライブのようなエキゾチックな技術の導入によっても高密度化、キャッシングのためにオンボードにNANDフラッシュを搭載などによる高速化技術を用いておりますが、機械的な ハードディスクドライブでは、まだ技術的な制限によりワークフローでのボトルネックとなる可能性があります。
 
この記事では、SATAからPCI-Eに移行されたSSDと同様に、AHCIからNVMeへの移行されるストレージ技術と、その限界だけでなく、それらに対処するために生じている技術、についてご説明いたします。
まずは、基本的な性能特性について以下の表にいくつかのパフォーマンスデーターがあります。SSDソリューションのベンチマークによってワークフロー効率を向上させることができることが示されています。
 

 
  
上のグラフで、圧倒されてはいけません。
これらの数値を分析する前にいくつかの注意事項があります:
データの多くは、メーカーによって提供されておりますが、上記のWestern Digitalのドライブのシークタイムはレビューから推定される数値であり、また、サムスンのドライブはメーカーから提供されたデーターは利用できませんでした。
 まず最初に、2つのドライブについて、WD4TBと480ギガバイトのIntel SSD730は両方SATA IIIで600MB/ s が読み込みと書き込みの最大理論値です。SSDではその最大値である600MB/ sにより近づくことができ、HDDの性能を上回ります。
SATAバスのオーバーヘッドを考えると、ほとんどのSSDは、600MB/s 近辺での数値を維持できており、明らかに、新しいインターフェイスを必要とされていることがわかります。
 
次に、サムスン SM951とインテル SSD 750 の2つのドライブはこれまでの600MB/s SATA IIIとは異なり、 PCI-Expressバスに接続となりPCI-E 3.0の4レーンのすべてを利用した場合、最大理論値のスループットが3.94GB/sに向上いたします。
インテルSSD 750は、2.4GB/秒の理論上の読み取り速度をトップスとして明らかに、これまでより利用可能な多くのヘッドルームを持っており、次に重要なのは IOPS、または Input/Outpu(毎秒)のオぺレーション性能です。
この数値は、SSDと、それがデバイスの内部コントローラとメモリ·インタフェースの速度によって制限されており、このクラスの最速ドライブの一つWestern Digital Blackのでも同様に低くシークタイムに大きく依存しています。
しかしながら、インテル SSD 750は、高度なホストコントローラーインターフェイス(AHCI)接続のサムスンSM951またはインテル SSD730よりも、極めて高いIOPS性能を持ち、PCI-Expressバスを介してソリッドステートドライブにアクセスするために特別に設計された新しい不揮発性メモリホストコントローラインタフェース(NVMe)により高いパフォマンスを実現しております。これら、NVMe ベースのSSDは容易にストレージ パフォーマンス向上をもたらしおり、インテル SSD 750は現時点で他を凌ぐ性能を持ち合わせております。
 

AHCI/NVMe SSD比較


これらの様に、現時点での注目すべきは、AHCIのSATA と、NVMe技術のSSD Intel SSD750との間の差です。これらを念頭に置いて、以下のベンチマークを参照ください。
 
 
 
 
ssdbenchmarks:上記のベンチマークはそれぞれ、インテル530、インテル730、およびインテル 750 SSDのドライブ比較を示しています。インテル 530および730は、現在市場で利用可能なミッドレンジおよびハイエンドのSATA接続でAHCI制御のSSDを表します。
 
これらの通り、インテル730ドライブは、インテル530ドライブの上で優位性を持っておりますが、さらにインテル750 PCI-E NVMe SSDが大幅に上回っており、そのことが重要な事項で、このようなストレージ技術による、この大きさのパフォーマンスのジャンプはここ何年もSSDの導入以来発生していませんでした。
 インテル750 PCI-E NVMe SSDは、パフォーマンスのすべてのカテゴリを網羅してワークフローの効率を最大化するためにクリエイティブプロフェッショナルのための素晴らしい選択肢となっております。これらにより、インテル750 PCI-E NVMe SSDは、CADまたはVFXアプリケーションに最適です。スクラッチディスク、マルチレイヤー4Kなど高解像度の映像制作ワークフロー、あるいは全体的な応答速度高めプログラム、プロジェクトなど高速な読込、書き込みを必要とされる環境において、このドライを選択することは決して間違ではありません。
 
これらのNVMe技術を持つ、インテル750 PCI-E NVMe SSDは、BOXX APEXX 2、APEXX 4、およびAPEXX 5シリーズのデスクトップ·ワークステーション、renderPRO パーソナルレンダリング のカスタマイズオプションで搭載することができます。詳しくはBOXX製品販売店もしくは BOXX営業までお尋ねください。

インテルSSD 仕様

*本SSD 搭載の際はPCI-Expressスロットを要します。
 ご希望されたカスタマイズ構成によっては搭載できない場合がございます。

 提供されているすべての情報は予告なしに変更されることがあります。
 インテル社製品は、予告なく製造ライフサイクル、仕様、説明が変更される場合があります。
 ここに記載された情報は「現状」のまま提供されるものであり、インテル社及びBOXXでは情報の正確性、
 または製品の機能、利用可能性、機能性、記載された製品の互換性についていかなる表明も保証もいたしません。
 特定の製品またはシステムの詳細についてはBOXX販売店もしくはセールスまでお問い合わせください。

 

投稿日 : 2015-06-02 14:22:00

ご購入前のお問い合わせはこちら 03-6801-6333 受付時間:平日/9:00~17:00
当社はインテル® テクノロジー・プロバイダープラチナメンバーです。
当社はインテル® テクノロジー・
プロバイダープラチナメンバーです。
Inter Bee 2016
Affter NAB Tokyo
AUTODESK UNIVERSITY JAPAN 2016
AUGI jp
BOXXの強み
TOPへ

Copyright (c) 2014 Boxx Allright reserved.