最新インテル プロセッサー搭載、APEXXシリーズ販売開始のお知らせ

  最新のインテル(R)Core(TM)i7プロセッサー及びインテル(R)Xeon(R)E5-2600v3シリーズ搭載
 プロフェッショナルワークステーションAPEXXシリーズを販売開始

最新プロセッサーとマルチ・グラフィックスによる、映像編集、3DCADの性能を高める、
ISV認定プロフェッショナルワークステーションを刷新 

BOXX Technologies, Inc.(米国 テキサス州 オースティン)製品の国内販売元、トーワ電機株式会社 BOXX事業部(本社:宮城県仙台市)は、BOXX製最新のインテル(R)Core(TM)i7プロセッサー(開発コードネーム:Haswell-E)及びインテル(R)Xeon(R)E5-2600v3シリーズ(開発コードネーム:Haswell-EP)を搭載したメディア&エンターティメント(映像編集)、プロダクトデザイン(CAD設計・製品開発)向けワークステーションAPEXXシリーズの販売を開始いたしました。
 

■「APEXXシリーズ」の主な特長

・最新のインテル(R)Core(TM)i7プロセッサー最大8コア16スレッドとXeon(R)プロセッサーE5-2600v3最大18コア36スレッドを2基搭載により高速な処理を実現いたします。

・インテル(R)Core(TM)i7プロセッサーを4.5GHzまでオーバークロック。クロックの高速化によりCAD、CAEなどアプリケーションの性能を最大まで引き出し業務効率を向上させます。

・米国・テキサス州 オースティンにあるBOXX社にて軽量でメンテナンスが容易な設計・製造された独自の筐体の採用、プロフェッショナル・グラフィックカードを最大4基搭載(APEXX2シリーズは2基搭載)が可能。プロフェッショナルな画像処理に加えてCUDAを利用したGPUエフェクトやレンダリングをGPUによって安定的に高速に実行することができます。

・APEXXモデルはすべての製品にCPU水冷装置による冷却機構を採用。独自のオーバークロック、拡張カードをフル実装時に耐えうるエアーフローを考慮された筐体で静音を維持しつつ高性能を引き出します。

 

■APEXX2シリーズ 製品特長

APEXX2 2201 第4世代 Core iプロセッサーファミリー搭載 エントリーモデル
第4世代インテルCoreシリーズ インテル(R)Core(TM)i5プロセッサー(コードネーム:Haswell)を搭載したエントリーモデルです。22nmプロセスルールで消費電力を大幅に低減し理想的な省スペースのワークステーションとなっています。APEXX2 2201はエンジニアやCAD用途、プロフェッショナルなビジュアライゼーションのエントリーレベルでの利用に最適な環境を提供します。
BOXXは多くのソフトウェアメーカーの認定を受けており、Autodesk 3ds Max , Inventor , Maya , REVITをはじめ、Solidworks , CATiAなど、主要な3DCADや3Dモデリングアプリケーションに対して驚異的なパフォーマンスと安定した動作環境を提供します。

APEXX 2 2401 オーバークロック・超高速4.5GHzワークステーション モデル
APEXX2 2401は最速4.5GHzのスピードを誇るISV公認オーバークロックワークステーションです。4コアのインテル(R)Core i7プロセッサーを搭載、高クロック&マルチコアを実現したこのモデルはCPUパワーを要求する高速計算やシミュレーションはもちろん、2スロットを占有。フルレンジ・サイズのハイエンドGPUカードを2枚まで搭載し、プロフェッショナルGPUを利用したワークステーションとしても利用可能です。

APEXX2 3201 Core i7搭載 エントリーモデル
APEXX2 3201は、1つのCPUで最大8コア、16スレッド動作の高性能なインテル第4世代Core i7プロセッサーを搭載。SolidWorks(R)、AutoCAD、Revitの様な製品設計プリケーションを利用されているエンジニアにお勧めのモデルです。最大8コア、16スレッドを同時に実行することによりハードな3Dシーンやエンジニアリングアセンブリの高速化を実現します。さらに、APEXX2 3201は軽量でコンパクトな設計に加えて2スロット占有。プロフェッショナルGPUを最大2基搭載可能。加えて独自の冷却機構と水冷式冷却装置により静音でマシンパフォーマンスを最大限の性能に引き出すエントリー・ワークステーションです。
 

■APEXX4シリーズ 製品特長

APEXX4 7201 シングル・ソケット ワークステーション
APEXX4 7201は、1つのCPUで最大8コア、16スレッド動作の高性能なインテル第4世代Core i7プロセッサーを搭載。SolidWorks(R)、AutoCAD、Revitの様な製品設計プリケーションを利用されているエンジニアにお勧めのモデルです。最大8コア、16スレッドを同時に実行することによりハードな3Dシーンやエンジニアリングアセンブリの高速化を実現します。さらに、軽量でメンテナンスが容易な設計に加えて2スロット占有。プロフェッショナルGPUを最大4基搭載可能。加えて独自の冷却機構と水冷式冷却装置により静音でマシンパフォーマンスを最大限の性能を引き出すエントリー・ワークステーションです。また、オプションのラックマウント・キットを取り付けることで19インチラックへ搭載することも可能です。

APEXX 4 7901 Xeonハイエンドワークステーション
APEXX 4 7901は、2つのCPUで最大32コア、72スレッド動作の高性能なインテルR XeonR プロセッサー E5-2600 v3を搭載 メディア&エンターティメント向け映像編集 アプリケーションを利用しているエンジニアにお勧めのモデルです。高解像度映像データの編集においてレンダリング時間の大幅な短縮、リアルタイムプレビューを実現させ、編集のストレスを低減し効率的な映像制作のワークフローを容易にさせます。
さらに、軽量でメンテナンスが容易な設計に加えて2スロット占有 プロフェッショナルGPUを最大4基搭載可能、加えて独自の冷却機構と水冷式冷却装置により静音でマシンパフォーマンスを最大限の性能を引き出すエントリー・ワークステーションです。また、オプションのラックマウント・キットを取り付けることで19インチラックへ搭載することも可能です。


BOXX Technologies社について

BOXX Technologies社は、米国、テキサス州オースティンに本社を構え、VFX、映画やテレビなどの画像処理、ゲーム開発、建築、製造、製品設計、シミュレーション、大学、研究所、公官庁、サイエンス、医療、市場に向けたワークステーションとレンダリングシステムの製造販売を行っています。3DBOXXシリーズやRenderProに代表される独自の技術力と、創業時から一貫して高品質で安定した製品を送り出す企業姿勢「Quality more than Quantity」が評価され数々のISVの認定製品となっています。


■■お問合せについて■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本リリース内容およびBOXX製品の詳細についてお気軽にお問い合わせください。
トーワ電機株式会社 BOXX事業部   担当: 小島
住所: 〒113-0033 東京都文京区本郷7-2-2 本郷ビル11階
電話: 03-3868-3900
Mail: sales@boxxtech.jp
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

投稿日 : 2014-10-03 09:00:00

ご購入前のお問い合わせはこちら 03-6801-6333 受付時間:平日/9:00~17:00
当社はインテル® テクノロジー・プロバイダープラチナメンバーです。
当社はインテル® テクノロジー・
プロバイダープラチナメンバーです。
Inter Bee 2016
Affter NAB Tokyo
AUTODESK UNIVERSITY JAPAN 2016
AUGI jp
BOXXの強み
TOPへ

Copyright (c) 2014 Boxx Allright reserved.